エスニックのっけ飯・ ガイ・パッ・バイ・カパオ

d0035104_1220740.jpg今日は2食注文あり。暑いので暑気払いにエスニック風ののっけご飯で元気を取り戻そうというわけで、以前にもブログに載せたことがあるカパオ風ご飯を作ってみました。
鶏ムネ肉は厚さ5ミリの2センチ幅に細かく刻み、パプリカ、ピーマンは適当に刻んでから、鍋に油をひいてショウガを炒めて香りを出したら、まず鶏肉に火を通します。
その後、ピーマンを入れて軽く炒めあわせたら、香味醤(または豆板醤)、オイスターソース、中華たまり醤油、濃口醤油、コショウで味を調えて最後にスイートバジルの葉を両手一杯くらい入れて軽く火を通したら具の出来上がり。
温かいご飯の上に具を盛り付け、半熟の目玉焼きをトッピングしたら完成。食べる時にはそれぞれを良く混ぜ合わせていただきます。まぁ弁当箱の中では無理かもね。
付け合せはサモサ風のじゃがいもの包み揚げ。中身はマッシュポテト(カレー味)にマトンを炒めてナツメグ、コショウ、塩で味付けしたものを加えて、ワンタン皮で包んで揚げました。
少しパサパサしていたので、ほんの少量だけマヨネーズを加えていますが、ほとんどマヨネーズっ気は感じません。
あとは生野菜を切って、出来合いのショウロンポウを蒸して隙間に詰めて全部完成です。前の晩に作っておいた寒天のレモンジュースがけをデザートに添えてお届けしました。これで¥400という売価は高いの安いの????

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-07-20 12:29 | ごはん・ランチ


<< おいしい魚料理を食べてふと思うこと 会社の暑気払いイベント仕出し >>