100%手作りチキンカレー

d0035104_12274613.jpgこないだの日曜日、暑かったせいかどうしても刺激的なカレー=頭を殴られたくらい辛いヤツを食べたくなってオリジナルのチキンカレーを作りました。
市販のルーを使わないで野菜をたっぷり使うのがコツで自然と酸味も甘みも辛さもあるさっぱりしたカレーができます。
材料はたまねぎ大1個、トマト4個、ナス3本と手羽元を8本、チリパウダー適量、ブイヨン2個、カレー粉15gくらい。これで通常の4人前くらいです。
作り方は、たまねぎはみじん切り、トマトは湯剥きしてザク切り、ナスは皮を完全に剥いて薄い輪切りにします。まず、たまねぎを少し色づく程度まで炒めたら、ナスを加えて半透明になるくらいまでゆっくり炒めます。そこまでできたらトマトのザク切りとチリパウダー、ブイヨンキューブを加えてコトコト1.5時間くらい焦げ付かないように豆火で煮て、約2/3量になるくらいまで詰めます。水はまったく加えません。トマトとナスから出る水で十分な汁気が出ます。
煮ている間にフライパンにサラダ油を引いて手羽元をこんがりと狐色になるくらいにソテーして、鍋に加えて煮込みます。味付けは基本的に塩だけで十分です。
鶏が柔らかくなって野菜が崩れてとろみが出てきたら、カレー粉を少量の水でペースト状に練ってから鍋に加えます。
作り方はこれだけで特別なスパイスは使っていませんが、トマトの酸味と野菜自体の持つ甘みでとてもおいしいカレーになりました。

ご飯でも良いんですが、ちょうど休みで時間もあったので、全粒粉とイーストを使って一次発酵させた種を薄く延ばしてフライパンで焦げ目が付く位に焼いてナンの代わりにしました。歯ごたえも香りも良くておいしい晩御飯になりました。
ただ、けっこうたくさんできたので翌日の昼食までカレーを食べ続けることになりましたが、やはり世の中のならいで翌日のカレーの方がおいしかったです。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-02 12:39 | ごはん・ランチ


<< 哀しき一人盆 イワシのフライに野菜ソース >>