ライスペーパーの活用法

d0035104_23401329.jpgアジの三枚下ろしにホウレン草をクリームシチューの素で和えたものをサンドイッチにしてフライの衣を付けて揚げました。このような形がまとまりにくいとかフィリングがたくさん入っているとかいうものに綺麗に衣を付けて揚げるためにライスペーパーを使っています。
ライスペーパーは水で裏表を濡らし、固く絞った濡れ布巾の上に置いておきます。そこに塩コショウした三枚下ろしのアジを片身置いてホウレン草のソテー・クリームソース和えを置き、更に上からもう半身のアジ置きます。
ホウレン草サンドイッチ状態になったアジをライスペーパーで端の方の口が開いてしまわないようにくるりと包んでから通常通りに小麦粉→溶き卵→パン粉の順にしてフライの衣を付けます。
ライスペーパーで密封することで汁気の多い具も包むことができるので、極端な話、八宝菜やマーボ豆腐でも春巻きフライの具になるということです。
揚げるとこのライスペーパーはとても柔らかくなってしまうので食べる時の邪魔になることはありません。一度お試しあれ!

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-24 23:49 | ごはん・ランチ


<< 黒部の美しき湧水の町・生地 高崎名物・だるま弁当改めロコモコ弁当 >>