ドイツパンのプロになれるパン講座と格安スキーのペンション

先日訪れたプチペンションボンネイジユのオーナーは妙高高原の池の平というところでを開いているわけですが、ここに今年の3月中旬にスキーに出かけた時にいただいたパンと料理がおいしかったんです!
よくよく経歴を聞くと、神戸にあるドイツパンの草分け的なお店「フロインドリーブ」で長年の修行をしてこられた後、池の平に移り住んでペンションを始め、毎日のパンはオーナーが毎日仕込んで焼いているんだということです。

d0035104_13313466.jpgそのオーナーがプロのパン職人を目指す人を対象に「ボンネイ塾」というパンの講座を開くことになりました、という連絡をいただきましたのでご紹介します。

セミプロあるいはプロ志向の方を対象に1泊2日¥12000(3食・講義費用・実習材料費・税すべて込み)で集中講座を行うのだそうです。
扱いの難しいドイツパンをどうやったら安定して毎日出すことができるようになるかを実際にオーナーの作業を見て、翌日は全工程を一通り自分でアドバイスを受けながらやるというスタイルだそうで、座学ではなく実地のみの密度の高い研修となりそうです。

もし、このブログをごらんになっている方で、プロ志向のパン作りを目指している方がいらっしゃったら、ぜひ参考までに下記のボンネイジユホームページをご覧ください。

また、まったくの初心者の方でパンを作ってみたいという方は普通に泊まっていただいている中で翌日のパンの仕込を見学したり、一部参加して翌朝ご自分で食べるパンを作ったりすることもできるそうなので、気軽に相談してください、ということでした。

妙高高原池の平温泉 プチペンション・ボンネイジユ
http://www.e-site.biz/bonneneige/


余談ですが、このお宿のジャム(自家農園のベリー類やルバーブを手づくりしたもの)や肉の塊をローストした料理は抜群においしいです。
また、野菜も雪のない間は自家農園のものを使っておられるのですが、ママさんが作ってくれる野菜のポトフなんかも野菜の甘みがとてもおいしくて、おいしいパンとの相性が抜群でした。

d0035104_1334365.jpgこれからのスキーシーズンには、少人数のグループなら格安で楽しめます。
宿泊は標準の1泊2食が8900円。貸しスキーはカービングスキーが一日1700円くらい(乗る板によって違います。)そして目玉がリフト券なのですが、この宿にお願いしてまとめて買ってもらうととても安いんです。2泊3日で滑ってきて、川崎からJRを往復利用(スキップ信越という新幹線指定付の往復切符)して、ゲレンデの昼食代+ビールから夜の酒代まで全部足してもトータルで48000円前後でしたので、散々遊んでこの程度で収まればまさに文句なしでした。
ご家族連れ、小グループにお奨めの宿です。

ブログランキングに参加しています。こんなパンが食べたくなったらclick
[PR]
by yamomet | 2005-10-10 13:36 | 生活ダイアリー


<< バイクとお別れ・つなぎとブーツ... コアラ姫のご要望のさらさらチキ... >>