朝帰り

d0035104_2492318.jpg昨日の日程の関係で一泊延長して朝1番の列車で東京に戻っているところです。呑んでなくて眺める夜明けの空です。

昨日は知人の紹介で牟礼で包丁鍛冶を営んでいる方と知り合いになりました。
切れる刃物を造るのに1から10までのステップがあったら普通は効率良い材料を使うことで3の段階から造れるのだそうです。
ところがその方法は熱がかかりすぎて鋼が傷み易く、本当の切味を出せないので、面倒でも1から始めて最後まで手抜きをしないのだそうです。たった独りで手鎚を振るって仕上げる正に手作りの刃物です。

鍛冶場もすべてご本人の手作りで金床以外はぼちぼち設計図を引いては作ったとのこと。
年末納品の予定で鎌刃菜切包丁をオーダーしたので仕上がりが楽しみです。
完成品の刃の切味はゾクリとするものがありました。きっと良いものになって来ると期待しています。
[PR]
by yamomet | 2005-10-13 06:33 | 生活ダイアリー


<< 秋の妙高高原 まぶしい秋空 >>