珍しく自分のためにご馳走

d0035104_2393844.jpg昨日は休みだったんですが、自宅で急ぎの仕事の仕上げをしていたので今日はゆったりと休みにしました。高校の大先輩のところに年賀状ソフトの設定の確認などを頼まれていたので、午後遅くに帰ってきてのんびりとご飯つくりをしました。
jjさんのところでおでんの話題を見て、無性に食べたくなっていたのでおでんを作りました。
ちょっと手を掛けて餅巾着も作ってみました。
杵つきの餅じゃないものを使うとどうもモチモチしているばっかりで歯切れが良くないんですね。ちゃんと搗いたのが欲しいのは山々なのですが、今日は仕方なしです。

d0035104_23243494.jpgこちらの蒸し鶏は酒と塩で30分くらい下味をつけたものを中華蒸篭でゆっくりと蒸したものに干し海老を戻したものを刻んで乗せて、その上に白髪葱と針生姜を乗せました。
食べる直前に熱々に熱したごま油をかけて香りを出していただきます。今日はこれで一杯やりたいところですが、このところ呑む機会が多いので普通にご飯のおかずにしました。
タレは蒸し鶏から出た蒸し汁と海老の戻し汁を合わせて40ccに醤油10ccと酢5ccを入れて味付けしたものです。あっさりした味付けなので、日本酒にも合いそうです。半分残してあるので明日の晩酌で食べようかなと思います。

ブログランキング参加中。おでんで一杯に賛成の方はポチッとお願いします。
[PR]
by yamomet | 2005-10-30 23:31 | ごはん・ランチ


<< ひき肉と野菜の重ね焼き 塩にはこんなきれいでおいしいものも >>