休日のパスタ・秋刀魚とバジルで

d0035104_14114555.jpg
今日は公休日で寝坊を堪能しました。ぐっすり寝て体がずいぶん楽です。

朝食と昼食兼用のパスタを作りました。普段はご飯を炊いているので休みの日くらいしかパスタを作らないので、何の材料でやろうかと冷蔵庫を探索しました。

出てきたのが、一塩して置いてあった生秋刀魚。プチトマトも発見して、いただいたバジルペーストがあるのでボンネイジユ風のフレッシュトマトのバジル風味パスタに決定。

秋刀魚は三枚におろして小麦粉をはたいたらオリーブオイルで焼き色がつくまで焼いておきます。
パスタは茹でてペペロンティーノ(唐辛子抜き)にしておいて、バジルペーストを混ぜ合わせ、傍らで用意しておいたプチトマトにはクレージーソルトとオリーブオイルをかけて10分ほど置いたものを更にパスタに混ぜます。
ソテーした秋刀魚をパスタの上に乗せて、もらいものの柚子を少しへいで飾ったら、秋の味覚秋刀魚のパスタの完成。所要時間約15分。
パスタだけだと野菜が足りないのでレタスと豆腐でサラダを作っていただきました。

秋刀魚とバジルは相性が良くておいしかったです。ペペロンティーノは唐辛子を抜いたんですが、入ってた方が味にメリハリがあって良かったような気がしました。全体に淡白な感じなのでアンチョビなんかがあれば、入れるとグッと味が引き締まるようにも思います。

お魚とパスタという組み合わせは僕はあまり作ったことがなかったんですが、おいしい組み合わせですね。茄子と鰯とオリーブなんかも合いそうです。
また次の機会に定番以外のパスタにも挑戦してみようかと思っています。

ブログランキング参加中。秋刀魚でイタリアンどうでした?

[PR]
by yamomet | 2005-11-05 14:24 | ごはん・ランチ


<< 独り暮らしの小さな秋 つくね玉弁当完成! >>