見直したよ、餃子の王将溝の口店!

d0035104_0283297.jpg今日、晩ごはんを餃子の王将溝の口店で済ませてきました。

なんせ寒くて何か体の温まるものを食べたくて、ラーメンと餃子かなぁと思って入ったわけです。

結局、餃子と玉子スープを食べて満足してレジに立ったとき、バイトのお姉さんが僕の横でコップをひっくり返してしまいました。

コップは割れなかったものの水が床にこぼれてしまい、僕のカバンと靴に少しかかってしまいました。

大したことでもなかったので恐縮して拭き取る彼女に「いいよ、ぜんぜん大したことないんだから。」と言っていると、店長と思しき若い男性が出てきて一生懸命に謝ってくれるのですよ。

「ホントにちょっとしぶきがかかっただけだから、良いんですよ、気遣いしなくても。」

そういっているうちに代金を置いたトレーのお金を僕に全部返してくれようとするのです。

一生懸命に謝っている中で、「申し訳ないことをいたしましし、お引きします。」というのは聴こえていたのですが、まさか全部返金なんて思いもしないので丁重に断り、支払うものはちゃんと支払うからと言っても受け取ってくれず、今日は王将のお店にご馳走になってしまいました。

なんでこんなに一生懸命に謝ってくれるんだろう、それも口先だけでなくて本心から。
忙しい時間帯だし、マニュアルどおりに謝って次の仕事に入っても良いのに、と思うくらいだったのに、思わぬ親切?に出会ってホッとして家に戻ったような次第です。

そういう気持ちでお客さんに接してくれたこの二人のスタッフに敬意をこめて、店舗名をバリバリ出してあります。単に得したなんていうセコイ了見以上の贈り物をしてもらった気がします。
[PR]
by yamomet | 2005-12-13 00:39 | ごはん・ランチ


<< 眞鍋かをりだらけ ごまシュークリームなるものがで... >>