40年ぶりに戸越公園を歩いてみた

d0035104_15151621.jpg今日はイブ。でも、何と言ってすることもないので、ふと思い立って戸越公園へ。
かつて5歳くらいのときに母親に連れられて東京に行った時に逗留したのが当時、戸越公園に住んでいた叔父のアパートでした。
ここに来るのはそれ以来のこと。覚えていることは大きな池があったことと、公園の入り口に屋台のおでん屋さんがあって、留守番中の僕を叔父のアパートの大家さんが公園に連れて行ってくれて、おでんを一つ買って食べながら帰るのがすごく楽しみだったこと。







d0035104_15192691.jpg
行ってみたら思いのほか公園は小さかったです。
けっこう大きな池のような気がしたのは自分が小さかったせいなんだ、と思っていたら、向かいのベンチに座っていたお年寄りが僕に話しかけてきてくれて、あれこれ四方山話の中で、ここの池は埋め立てられて半分くらいの大きさになったとのこと。幼児の記憶もあながち間違いではなかったということなのでした。公園内での飲食業は不許可になったということで、当時のおでん屋さんはどこへ行ったものやら。
戸越銀座は庶民の台所。安いものも一杯。焼き鳥屋さんが未だに1本¥50でやっているようなところもあってちょっと魅力的です。以前に氷川きよしが旅番組で紹介してましたもんね、ここ。

公園の池の水は循環ろ過されているということで、とても綺麗な水です。
小さな渓谷のような景色に作ってあるところもあり、スローシャッターで水の流れを撮ってみました。
d0035104_15194766.jpg

帰り道のあるお宅でワンコが外へ出たいと必死の眼差しで訴えていました。
d0035104_15203895.jpg

ご主人たちはクリスマスの準備で大忙しなのかも。
[PR]
by yamomet | 2005-12-24 15:26 | 生活ダイアリー


<< おでん de メリークリスマス... 雑景3題 >>