箱根ガラスの森美術館

d0035104_0565136.jpg
お客さまの新年会に呼ばれて箱根まで社長の代わりに出席。無事に事を終えた後はせっかく箱根まで来たんだからということで、一人ぶらぶらと箱根ガラスの森美術館へ。

入館して一番ビックリしたのが目の前に置かれているクリスタルの樹木。かぐや姫の話だかに出てくる「枝は珊瑚、枝先には金銀、玉の実がなるという珍しい宝の樹」という無理難題はここに答えがあるんじゃないかというクリスタルだけで出来た樹。
d0035104_0592071.jpg

d0035104_0594010.jpg

館内に入ってベネチアングラスの技巧の凄さを見てしばし呆然。
ここまで人の手で作り出せるんだという見本のような繊細なレース模様のガラス細工の数々。
d0035104_102992.jpg

なんか存在感のあるヌメッとした感触の仮面の男。道化役らしいです。
d0035104_112036.jpg

ただただ見とれた乳白色の杯が光の具合で青白くオパールのように光るこのガラスの質感。
d0035104_121658.jpg


まだまだ箱根ネタはいっぱいありますが、一番感動できた絵をお届けしました。
箱根のバス・電車フリー切符「箱根の山は天下の券」¥2000はとても便利でした。
[PR]
by yamomet | 2006-01-16 01:05 | 生活ダイアリー


<< スパニッシュオムレツ風お弁当 地下鉄のアナウンスで唐突に思い... >>