平日休みってハッピー!手打ちパスタに初チャレンジ

d0035104_10104991.jpg
今日は週休日に出勤や出張だったりしたので月曜だけど休みです。
昨晩、余裕のある時間がないとできないと思っていたデュラムセモリナ粉を使った生パスタの仕込みに初挑戦。

小麦粉でも今までまったく扱ったことのない種類の粉で勝手が分かりません。
ひとまずはパッケージに書いてある通りに仕込みます。昨晩これをこねておいて、朝まで寝かせてから製麺に入るという段取り。

<生パスタのレシピ>
デュラムセモリナ粉 250g
全卵(L玉) 2個
オリーブオイル 大匙1
塩 小匙1

<極太パスタのジェノベーゼ>
タマネギ 小1/2個 ベーコン1枚 ボンネイジユ手作りのバジルペースト
フレッシュトマト 小1/2個

タマネギとベーコンはオリーブオイルで予め炒めておく。
パスタが茹で上がったら、茹で汁を1カップとって、タマネギを炒めている鍋に入れる。
少し乳化したようになったら、パスタを入れて汁を吸わせる。
火を止めてバジルペーストを加えて皿に盛りつける。
トマトをサイコロに切ったものにオリーブオイル、ハーブソルトをまぶしたものを飾る。


**********ここから初生パスタの製麺プロセス************
d0035104_1061097.jpg
最初は砂みたいなさらさらした感触なんだけど、だんだんと硬くなってきてこねるのにかなりの力を要します。手首が痛くなるくらいこねてようやく耳たぶくらいの硬さにまとまってきました。
ここで夜の部の仕込みは終了。時間は午前1時半。
ねむ~・・・・・濡れ布巾をかけて寝る。と言いつつ、ついついTOYOTA Big Airに見入ってしまいました。
初めて見たんですが、優勝者ニコラス・ミューラー選手=こいつ恐怖心はないのか!、谷口尊人選手=あの転倒で腰を痛めながらも3位入賞は凄すぎ!デス。
あのアプローチの角度、モンキッキーの最後のコメントじゃないですが、「あの角度、あの高さから滑っちゃイカン!」まったく同感。勇敢な選手が多い競技なんだろうけど、無茶して半身不随にならないようにしてください、とついついお願いしたくなるのでした。




d0035104_1071674.jpg
ちょっと寝坊したあと、おもむろに製麺作業に。パスタマシンなんてもんがないので、うどんみたいに麺棒で延ばしては切るという作業なんですが、これがちょっとやそっとでは薄くなってくれないのにはちょっと参りました。とにかく硬い生地です。






d0035104_10102513.jpg
やっとやっとで2ミリくらいに延ばしたものを3枚作って、包丁で茹で上がり後に太くなることを考えてできるだけ細く切った・・・つもりだけ。
薄く延ばしたのが少し縮んでかなり厚めの生地になってるけど、まぁ仕方がないかと・・・
「恐るべきさぬきうどん」並みの太さになっちまっただよ。





d0035104_10184473.jpg
出来上がりは一番最初の写真ですが、フォークで巻いてアップにしてみると、パスタのごつさがすぐわかる。そして茹で上がった分量の凄いこと!
麺にしたのは250g仕込んだうちの約半分。茹で上がりは25cmのパスタプレートに山盛り一杯一杯!まだ生地が約半分残ってるわけで、ブランチ的に一食は食べたけど、二食目も同じもんじゃいやだなぁ・・・・と思っているのです。

生パスタはちょっと50g仕込むというわけにはいかないので、何人か集まった時にやった方が賢い選択のようです。今日は先を読めなくてちょっと失敗だす。腹が苦しい。

味はというと、乾燥パスタのツルツルしこしこといった感じではなくて、もっちりふんわりという感じでコシの種類が違う感じ。太さのせいもあるけれど、食べ応えもあり歯応えもそこそこありでまぁまぁイケルじゃないの、という感じ。
寝かせる時間が約7時間あったので、これが多いのか少ないのかは不明。

ソースはこれだけ太い麺だと、もっとしっかりしたソースの方が良かったかなぁとも思いました。
サーモンのトマトクリームソースなんかがおいしそうだなぁ。
元々生のパスタを食べたことがないので(昨年一度ボンネイジユでいただいたのが初めて)何軒か食べ歩いてみないと比較のしようがないなぁ。次の機会に食べにいってこようと思います。
おいしいお店ご存知でしたら、教えてくださいませ。
[PR]
by yamomet | 2006-01-30 10:30 | ごはん・ランチ


<< 振り返れば、食い気に走り続けた4年間 恐るべきさぬきうどんが恐ろしい... >>