hand madeで行こう!初めてのキムチ作り

d0035104_176138.jpg先日、友人宅からお父さんが漬けたというものすごくおいしい白菜漬けをいただいて、「おいしい漬物って良いなぁ、買うとけっこう高いしなぁ。」と思って、先週末に白菜半玉買って日干しにして、下漬けをしておきました。

5日経ってなかなか良い具合に水も上がってきたので、いよいよキムチの漬け込みに初挑戦。


d0035104_177082.jpg
これが出来上がりの図。一応、それらしくなりました。

コリアンショップで購入してきたキムチ用の材料の数々。けっこうお金がかかるもんです。これだけを買い集めて1700円もしました。やっぱ買った方が安いのかなぁと思いつつ、デパ地下でおいしい本場キムチというのを1/4株買ったら、800円だったからやっぱ漬けた方が安いんだろうな。
d0035104_1785880.jpg

醤油のビンみたいのに入っているのはイワシで作った魚醤。「イワシのエキス」という名前がついていて525円。旨みが断然良いとショップのオバちゃんご推薦の品。
アミの塩辛は先日の塩釜市場へKozouさんと訪れた時に買っておいたもの。
唐辛子は細かいものと中挽きと二種類使わないとね、と言われて素直に購入。唐辛子だけはあと4回分は十分にある。

こちらが薬味の野菜や果物。刻み昆布はeight-bさんのレシピにはなかったんだけど、辛し明太の昆布漬けのものは抜群においしいので、水で戻したものを薬味に加えています。
d0035104_1792277.jpg


刻んだ薬味の材料と唐辛子(細)60gと唐辛子(中挽き)60gを入れて、eight-bさんのレシピを参考に薬味作り。
昆布と鰹の濃い目の出汁2カップを薬味の硬さを見ながら加えて混ぜていきます。
ところが、うちには絶対にないものがポツポツと出てき始めたのです。

●上新粉(薬味の粘り気をだすためのものらしい)
●セリ1束(完全に買い忘れた)
●まぐろの酒盗(苦手なので買わなかった)
●イカの塩辛(完全に買い忘れ)


d0035104_17224041.jpgもう塩辛類を買いに麓まで降りていく気力もないので、今回はアミの塩辛だけでヨシとすることに決定。ところが、上新粉だけは粘り気を付けて仕込みやすくするためには多分必要になるだろうと思われるのでナントカしなくては・・・・・
片栗粉?なんか違うなぁ、小麦粉で糊みたいにする?それもなんだかなぁ、粉っぽいとおいしくなさそうだし・・・・・と思案していたら目の中に飛び込んできたのがコレ!


d0035104_17185728.jpg

オオバコダイエットって約30倍に膨張して、ほっておくとネバネバの糊状になるので、これいけそうジャン、と思って3gをコップ1杯に溶かして糊状にして代用。

甘酒は半年前のイベントでお土産にもらったものを持て余していたので、砂糖の代わりにこれを利用。そうしたら、なかなか柔らかい甘みと旨みが混ざって良い具合。

d0035104_1724084.jpgさて、出来上がった薬念を下漬けした白菜にくるんで食べてみると、本漬け後の辛さ甘さが分かるというので早速葉っぱの方に巻いて食べてみる。

派手な色の割にはあまりビリビリ辛くもなく、良い具合。ただ、ちょっと甘み不足だったので甘酒を足し、たまたま棚の隅っこにあった山用の蜂蜜のポーションを3つ入れてみたら、バランスが良くなったのでこれでOK。

白菜の根元の方から薬味を一枚ずつ挟み込んで出来上がったのが最初の写真。
なんか見た目はそれなりにおいしそうジャン。漬け上がりが楽しみです。
とりあえず3日すれば食べても良いかな。

そうそう、薬味を触った手で額を拭いたりすると顔がヒリヒリします。ご注意を!

薬味は正味1/3も使わなかったので大量に余りましたが、ショップのオバちゃんが「キムチの素は韓国でも一度にまとめてたくさん作っておいて、それを保存しておくのよ。キムチがなくなってきたら、また塩漬けの白菜を作って薬味を足して作れば、いつも同じ味のものを楽しめるでしょう?」と言われていたので、ジップロックパックに入れて冷蔵庫で保存。

これで次のキムチも安泰だ!ホントに手作りの料理って楽しいっす!
[PR]
by yamomet | 2006-02-04 17:37 | ごはん・ランチ


<< キッチン遊びは楽しいぞ!パスタ... オークション初の最低落札価格品... >>