商品撮影のリーサルウェポンでシンクロナイズドクッキング用キャベツを華々しく撮影しましたです。

仕事で度々ある商品撮影のリーサルウェポンがとうとう導入されました。
会社に感謝感謝でありまする。嬉しいので試験撮影のデータをアップさせてくださいませ。
※クリックするとオリジナルサイズ1600pix×1200pixに拡大されます。
 拡大画像はフル画面表示にして見ると見やすいです。
※データがアップロードぎりぎりのファイルサイズなので、表示には時間がかかります。
※画像は色調補正、シャープマスク、トーンカーブのいずれも使用せず。

シンクロナイズドクッキングのために早々と買った春キャベツ(三浦産 1玉¥150感激!)
ブロッコリーはこのサイズでなんと¥100!!(@o@;;;;; 八百鉄エライ!
d0035104_2031211.jpg

↑これは横から撮影したもの
d0035104_20344784.jpg

↑これは上から撮影したもの

d0035104_20362092.jpg
この秘密兵器の外観はこれ。
アルミ製のボックスの内部に4つの光源(特殊蛍光灯)がセットされていて、モノの色を自然に見せるようなセッティングに予めなっています。
ユーザー側でセットしなくてはならないのはカメラのホワイトバランスと露出補正だけ。
コンセントから電源をつないでスイッチを入れるだけで、このレベルの撮影ができる超スグレモノ。

ところが残念なのはこの商品は日本であまり売れなかったために製造中止となり、それをひょんなことから手に入れたものです。
なので、これはどこにも売っていないレア物でもあります。これ大(60センチ四方)小(40センチ四方)の合計2台を一度に手に入れたわけです。
一台はレンタル用に、大きい方は会社内での常設撮影用にということになりました。

今まで撮影と言えば、ポップアップキューブ型のディフェーザーを使って、投光器を4台据えて大汗かきながらセッティングをしても、実際には補正作業が必要だったことが嘘みたいです。
撮影するモノをセットして、撮影終了まで2分。誰が撮っても失敗がない。

通常はアクリルの透明な台に品物をセットして上部から撮影しますが、真正面からの画像では感じが出ないものは横の扉を開いてミニ三脚を据えて撮ることができるようになっています。
背景紙はグラデーションなどの好きなものをセットして使うことができます。

つまり、オークションなどの頻繁に入れ替えが必要な画像を高画質で間接光の柔らかい感じで何枚でも短時間で撮れるという超便利アイテムです。
これが生産中止というのが実に惜しいことです。

★撮影データ★
メーカー,Panasonic
機種,DMC-FZ5
横解像度,72.0
縦解像度,72.0
解像度単位,dpi
露出時間(秒),1/15
F値,2.80
露出プログラム,プログラムAE
ISO感度,80
露出補正量(EV),1.66
測光方式,分割測光
カスタム画像処理,なし
露出モード,自動ブラケット
ホワイトバランス,マニュアル
デジタルズーム比率,0
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",36
撮影モード,標準
ゲイン補正,なし
コントラスト,ノーマル
色の濃さ(彩度),Unknown Data:2
シャープネス,ハード
[PR]
by yamomet | 2006-02-28 20:45 | 生活ダイアリー


<< 本日の日替わり弁当・鶏ハムとグ... 本日の日替わり弁当・豚のすき焼き弁当 >>