本日の遅刻寸前日替わり弁当・鶏飯風汁かけご飯

d0035104_836466.jpg
今日は慌てた。真剣に慌てた。いつもの「間に合いそうにないかも~」と書いているうちは、まだアップしてタイピングする時間と気持ちの余裕がある証拠。今日は、ホントにどうしようもない状態。

メニュー
・奄美の郷土料理「鶏飯風汁かけご飯」(奄美のオリジナルレシピとはぜんぜん違うもの)
・ワカサギ、ゲソ、スイートコーンの天麩羅

今日のやもめ庵オリジナル鶏飯は、ご飯の上に錦糸卵、茹で鶏、高菜の油炒めを載せて、別器の鶏スープ(茹で汁を調味したもの)をレンジアップしてご飯にかけていただくご飯メニューです。
本場の鶏飯については鹿児島在住のフードスタイリストで「レイコさんの台所ノート」ブログを出しておられるレイコさんが詳しいのでは・・・・・?>Help!レイコさん!!(@o@)/~

本当はバランスを考えて、これに青菜のお浸しとか添える予定だったのに、コーンのかき揚げ他、天麩羅でえらく手間取ってしまって入るべきものも入らず。
今日のランチ注文者の皆様、ごめんなさい。今日はぜんぜん値段に見合ってないです。

さて、鶏飯は呑んだ後の〆に良さそうなあっさりした汁かけご飯です。
鶏胸肉は酒塩にして2時間ほど置いてから、鶏ハムを茹でる要領で、沸騰したお湯に鶏肉を入れたら5分間強火で沸騰させて、あとは火を切って自然に冷めるまで放置。
これがムネ肉でもしっとりと食べられる加熱テクニックです。簡単で誰でもできておいしい料理技術です。

天麩羅は揚げたばかりは良いけど、半日経つとさすがにシナシナでおいしくできないね。
プロのてんぷら屋さんはそういうところが凄いと感心するのです。
[PR]
by yamomet | 2006-03-10 08:36 | ごはん・ランチ


<< モノカキノマネゴト ヲ シテミ... 突き抜ける >>