祝300本記事掲載!「ハンドメードのソーセージに挑戦」

d0035104_1824074.gifいやぁ昨年の4/25に開設したこのブログですが、この記事でめでたく300件の記事をアップしました。塵も積もればなんとやらで、概ね一日一善みたいなペースでくだらんことも真面目なことも、おいしいことも上げてきました。

その記念すべき300件目は念願だった自家製ソーセージです。
なかなかハードルが高くて、手を出さなかった分野ですが、なんとなく出来そうな気がしてきたのでネット通販で羊腸を取り寄せ、今朝届いたので早速作業開始です。

結論としては形にはなりましたが、細長いミートローフのような口ざわりで期待したようなあのパリッとした感じにはなりませんでした。
背脂が手に入らなかったのもいかんのかもしれませんし、ミンサーで詰めるとせっかくの荒挽きした生地がますます細かく練られてしまう感じでまったく納得のできない仕上がりです。
今回は手順を追うことができた、ということでヨシとしましょう。

d0035104_17431828.jpg豚の細切れをミンサーで荒挽きにします。背脂が手に入らなかったので肉屋で脂身の多そうな細切れ100g88円を1kg購入。ちょっと薄暗い部屋のテーブルしかミンサーが取り付けられないのでそっちで撮影したらなんやら昭和40年ごろに撮ったような写真になっちまいました。

d0035104_17444342.jpg羊腸をパッケージから出して塩を払い落とし、水に浸けて戻します。約20分ほど戻したら、水道の水を腸の中に通す作業を行います。これは絡んだ腸をスムーズに解くための作業になるようです。

d0035104_17462878.jpg水通しした羊腸をミンサーのソーセージノズルにたくし上げておきます。これは丁寧にやらないと途中で破れることがありますので、慎重に慎重に。端は結んでおきました。

d0035104_17474563.jpg詰めものの練りあわせをします。荒挽きの豚肉、ルビーソルト、胡椒、バジル、ナツメグ、砂糖を使いました。冷水が必要ということだったので氷水を用意して約100cc入れて、粘り気が出るまで練り合わせます。

d0035104_17492321.jpgミンサーにソーセージノズルを取り付けて、ハンドルを回すと面白いように腸の中に詰め物が入っていきます。この時にかなりパンパンに詰めてしまったら、捻る時に腸が破れてしまったので、15センチほど中身を出して全体に少しゆるめになるように詰め方を調整してから端からひねってみました。一本ごとに長さが違うのはご愛嬌。

d0035104_17514926.jpg
破れて出来損なってしまったものは焼いてみました。

d0035104_17521923.jpg
うまく形になったものはボイルして。70度前後の温度でゆっくりと20分間加熱します。

d0035104_17533239.jpg
見た感じはおいしそうでしょう?ジューシーな感じもするし。ところが、どうやったらあのプリプリ感が出るのか分かりませんが、やっぱりミートローフです。皮はパチッと弾けるような食感があるんですが、正味の歯応えは練り物って感じですね。練りが足りないのか、逆にやりすぎなのかどっちなんでしょうね?どなたかこれに関しての情報をお持ちでしたら教えてください。
お願いします~~~!あまりに出来上がりのイメージとかけ離れているとものすごく悔しいです。
[PR]
by yamomet | 2006-03-12 17:57 | ごはん・ランチ


<< 本日の日替わり弁当・テリーヌ2... ゆっくりと食事を楽しみつつ晩酌を >>