学生生活はここから始まる

監禁事件でお騒がせしたTAKUちゃんでしたが、なんとか日曜日に引越しを完了しました。
前日は雨模様でちょっと心配をしましたが、当日は天候にも恵まれて大きなトラブルもなく引越しができたのでホッとしています。
d0035104_23315169.jpgわずかな荷物を開梱して、次女と僕で買い集めてきた収納へ収めました。一度買い物に行って帰ってきてみると足りないものがまた出てきての連続で、約3キロ離れたホームセンターまで都合3往復する破目になりました。

d0035104_23335095.jpgリサイクルショップで動作確認済みの白物家電類を設置してもらいました。
洗濯機と冷蔵庫(生意気に最初から120リッターの余裕サイズ。いいなぁ・・・)とオーブンレンジ(少々型は古いが庫内容積は大きくてケーキも焼けるものが¥5000!!おらが欲しいだよ。)の三点で合計¥30,300はリーズナブルでした。僕が名古屋で独り暮らしを始めた時には、こんなに道具揃ってなかったなぁと思いました。時代が変わると持ち物の常識も変わるんだなぁと次女の時以上に痛感。
TAKUの姉も「私の時にこんなに最初から揃えなかったのに・・・!私が欲しいよ。」と言ってたので自分よりも後から独り立ちする人に対しては大体同じことを感じるのかも。

d0035104_23384010.jpgアパート全10室の住人の皆さんへご挨拶代わりの品物を買い集めてきました。
単身の男性が多いと聞いたので引越し蕎麦の慣わしに引っ掛けて、乾蕎麦を1つずつ。
ところが昨日の夕方、本人に一室ずつ挨拶に行っておいで、と言ってやらしたんですが、皆さん不在のようで一軒も渡せず。今日は少し進んだろうか・・・・・
最近、こういう引越しの挨拶を省く人も少なくないので、このアパートはそんな感じの人たちが多いのでしょうか?何か寂しいものを感じます。

晩ごはんは以前に紹介した絶品トンカツの店に4人で出かけて、おいしいトンカツと熱々のガーリックスープを堪能。本当に旨かった。TAKUちゃんは奨学金が入って少しお金に余裕が出ないでここには来られないかもね。

超親切だったTハウジングのITさんと久しぶりにご対面。
彼女の弟さんのガスコンロを譲っていただけるということだったのですが、彼女が言うには以前にこのブログでITさんの接客が好感度が高かったという記事を読んで、上司に印刷したものを見せたら「こんなに褒められて、君のそのサビの出ているコンロではまずいよ!」ということになり、別のところからほんのわずかしか使っていないものを探してきて磨き上げて据え付けてくださったとのこと。それにはまたまた大感激!TAKUちゃんは本当に運が良いねぇ。
汚れはないし、こびりつきなんかもちろんなし、なんと普通に魚焼きのグリルが付いた2口のガスコンロでうちのヤツよりきれいジャン!こっちに寄越せって感じです。

大変立派な独り暮らしの設備を彼が今後どのように活かしていくのか、そっと見守っていきたいと思います。突然遊びに行っても、一応座る場所があってゴミの山になっていなけりゃいいなぁ・・・・でも、自分の学生の頃のことを思い返せば絶対無理だなぁ・・・・

女房が息子に言っていた。
「お父さんの学生の頃の下宿って、二度と忘れられないくらい汚かったよ。それが今はこんなに掃除して片付けるんだからねぇ・・・・。」
あぁそんな時代もあなたは僕の実態を知ってるんでしたね。確かに無精者でした。
TAKUちゃん、無理しない程度にきれいにね・・・・・(ずいぶんトーンダウン)
[PR]
by yamomet | 2006-03-20 23:53 | 生活ダイアリー


<< 自分弁当・ソーセージのタネを挟... たま家の史上最大の事件・TAK... >>