ばばど~ん!

d0035104_83048.jpg昨日、高田馬場で打ち合わせがあったので昼食を高田馬場駅でとることにしました。
実は出張の行き帰りにいつも読んでいるトランヴェールというJR東日本発行の雑誌があるんですが、その中で高田馬場駅がリニューアルされて「ちゃぶ膳」というお店ができて売り出し中というのです。

ちゃぶ膳の売りは麺類と丼モノのラインナップの豊富さ。中でもちゃぶ膳高田馬場店の限定メニュー「馬場丼」は評判だというわけです。
学生さんたちの腹ペコにもばっちりオッケーというボリュームだというので、もうこの辺りで興味津々。値段も530円と普通なので機会があればぜひと思っていたわけです。
時間はお昼のちょっと前だったので店内はガラガラ。



チャイニーズのアルバイトさんから「ごゆっくりどうぞぉ~」と言われて渡されたのがこれ。
d0035104_8323944.jpg

チキンカツの下に刻みキャベツと豆板醤でピリッと辛めに味付けしてある牛挽肉、チキンカツには挽肉入りのマーボ風味のタレ、小口切りの万能ねぎ。
彩りはオッケーなんだけど、なんかディスプレーのメニューと比較するとものすごく貧相じゃないのかぁ???

食味は殊更うまいがな~!と感動するほどのものではないけれど、味の取り合わせとしてはまぁまぁ合格点。だけど、ほとんど汁気のない丼モノなのでちょっとカサカサした感じで食べにくいような印象を受ける。

ボリュームは確かにあった。これだけで十分お腹いっぱいになった。
セットメニューでハーフかけそば付¥670というのもある。これなら学生でもお腹いっぱいになるだろうな。

結論としてはJRの雑誌に使われている広告写真が現物のボリュームとあまりに違うので若干誇大広告気味なのはちょっと厭だが、まぁ簡単迅速にお腹一杯にしたい時はきっと頼むだろうな、と思った。

余談ながら、隣で同じ馬場丼を食べていた若い二人連れのサラリーマンも同じ愚痴をこぼしていた。

「なぁなんか写真で見たら旨そうなのに、これ少なくねぇ?丼からはみ出すほどのボリュームって書くんだったらそれなりにしろっつうの!」とお怒りの様子。
同感です。きれいに丼に収まっていて、キャベツがてんこ盛りなはずなのに言い訳程度にしか載ってませんから。

お客様の声は大事にしましょう。NREの皆様。
[PR]
by yamomet | 2006-05-27 08:40 | ごはん・ランチ


<< 「丼 はみ出す」検索結果 ひとまず峠越え >>