6月のシンクロは豆腐 3品エントリー

こんばんは、やもめ庵のたまです。今月もシンクロの季節がやってきました。

独り暮らしの料理なのでお豆腐も大量に使えませんので、一丁を使って3品まとめました。

【実家の懐かしい味・月見豆腐】
d0035104_2039284.jpg

博多の実家でよく作ってくれたメニューです。作り方はとても簡単で、ボリュームもあっておかずにも肴にもなります。元気がつくような気がするスタミナメニューです。

【焼き付けた豆腐と鶏肉の炒め物】
d0035104_20392334.jpg
月見豆腐を作った後に約1/3丁くらい残ったので、こんなものを作ってみました。周りに盛り付けてある白いものは月見豆腐を作った時に出る卵白を泡立ててスープで火を通したものです。

【豆腐と豆乳で作る簡単デザート】
d0035104_14232574.jpg

d0035104_20395122.jpg最後に残った1/4くらいの小さな豆腐の一口分を150ccの豆乳と蜂蜜15gと一緒にミキサーにかけて、50ccお湯で煮溶かしたゼラチンパウダーで固めて、ラズベリーソースを添えて出来上がり。
生クリームを使わないのであっさりしていて、口当たりはふんわりとしています。
卵が苦手な方にはお薦めできる簡単デザートです。生地が青っぽく見えるのはたまたま買った豆乳が青大豆豆乳だったためです。




【月見豆腐】

豆腐は卵黄が載る程度の大きさの正方形に切ります。

豆腐の上面の中央をスプーンですくいとって卵黄が載るようにしておきます。

小鍋に料理酒50ccを熱し煮切ってから、水150cc、味醂20cc、砂糖小さじ1、濃口醤油20ccを加えて濃い目の味付けにします。

そこへ鶏ミンチを加えて肉に火が通ったら、少量の水で溶いた片栗粉を加えて鶏そぼろあんを作ります。仕上げに摩り下ろした生姜を一つまみ加えておきます。

小鉢に豆腐を盛りつけ、豆腐の周りにそぼろあんを流し、最後に卵黄を中央に落として青みを彩りに添えたら出来上がり。
食べる時は卵黄と豆腐とそぼろあんを混ぜてお召し上がりください。スプーンを添えてあげると食べやすいと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【焼き付けた豆腐と鶏肉の炒め物】

豆腐には小麦粉をはたいておいてフライパンで焦げ目がつくように各面を焼き付けておきます。

鶏肉、たけのこ、インゲン、ニンジンはサイズを揃えて細切りにしておきます。

月見豆腐で残った卵白はメレンゲ状にして、別鍋に熱したスープの上に浮かして沸騰しないようにゆっくりとした火で熱を通して固めます。

その間に、野菜と肉を炒めて200ccの水を加えて、中華風調味料(うちは味覇)で味を調えて水溶き片栗でとろみをつけておきます。
とろみがついたら、焼き付けた豆腐を鍋に戻して軽く味がまわるように混ぜ合わせておきます。
仕上げに少量の胡麻油を加えて出来上がり。

皿にスープで火を通したメレンゲを周囲に盛り付けて、真ん中に鶏肉と豆腐の炒め物を盛り付けます。温かいうちにお召し上がりください。
[PR]
by yamomet | 2006-06-03 20:40 | ごはん・ランチ


<< 野菜たっぷりのお弁当 白バラを初めて打つ・今日は鶏ハ... >>