オイルサーディン

先日のアンチョビの漬け込みのついでにオイルサーディンを見よう見真似で作ってみたとです。
これまではイワシを並べたら鍋底に岩塩をぱらぱら撒いて、ひたひたの水を注ぎ、ベイリーフと赤唐辛子を載せて弱火で水が完全になくなるまで煮てからオイル漬けにしておったとですが、某ブログで直接オイルでコンフィにするような感じで作っていたのを見かけて、今回はその方法にしてやってみたとです。
d0035104_23471265.jpg
結論は絶対こっちの方が旨かとです。みずみずしさが失われない、悪くなりにくい、香りが良いの三点。
頭と内臓を取り除いて塩水できれいに洗ったものを厚手の鍋に平らに並べて岩塩を軽く振りかけて、ひたひたのサラダオイルを入れ、ベイリーフ、と粒胡椒を入れてごくごく弱い火でじっくりと30分くらい加熱。水じゃないので蒸発することはなくて乾燥の心配は無用。
買うと高かとばってん、作ればたいがい安かっちゃんね。
[PR]
by yamomet | 2006-06-11 23:55 | ごはん・ランチ


<< 茄子の揚げ浸し入り弁当 引越し準備20%完了・それでも... >>