天麩羅食いたいと思ったのは

今朝方のコメントでアメリカ在住の単身赴任仲間のナジェ旦那から疲れを取るためにも栄養補給してよね、ということだったのでそうだよなぁ酒ばっかり飲んで引越しをクリアしたような・・・・という反省から今日は半日、夜は何を食べようかなぁ、何を食べたいかなぁと考えておりました。

今日は6時半前に事務所を出て買い物しようかどうしようかと人混みの中を自転車でフラフラしながら帰っていたところ、一瞬天麩羅屋のFCてんやの前を通過。

「これ!この香ばしい香りと甘辛い味!今日はこれ!」

で普通ならそのままてんやに入ってしまうところがまだ疲労困憊していないので元気があって、「では家でたっぷり揚げてたくさんいただきましょう。」ということに。
d0035104_23212217.jpg
引越しの途中で半解凍になってしまって再冷凍された可哀想な海老と100g39円の鶏ムネ肉、かぼちゃ、ちくわ、長茄子と一通りの材料があったので自分的適量を揚げました。税込¥850は外で食べたらこんなもんの値段は付くかなということで外食ではございませんので悪しからず。
d0035104_23234715.jpg妙高のエスペロさんから送ってもらった鮮度抜群のウドは全部を一度に食べ切れなかったので、大量の塩で漬け込んで保存してあったので、これを一昼夜かけて塩抜きして油揚げと一緒に炒め煮にしました。
天麩羅に気をとられていて煮詰まってしまって、少々味が濃くなりましたが、食べたかったあの濃い甘辛い味で満足です。
明日の弁当用にと思ってちょっと多目に作ったつもりだったけれど、結局食べちゃいました。

気分的に疲れている時や肉体的に疲れている時になぜ濃い味のものを食べたくなるんでしょうね?誰かこの理屈を教えて欲しいなぁ。
前にもこのブログのエントリーで書きましたが、ストレスがかかっている時に豆腐を3丁くらいヤケ食いする人ってのに会った事がないし、食べ放題で受けるのはやはり肉やデザート系。
うどんの食べ放題で喜ぶ人も一部にはいますが、せいぜい食べられて4玉くらい。妙に満腹感に支配されて心はイマイチ満足してないのがありありと分かるわけです。

なぜ脂っこかったり、しょっぱかったり、かなり甘かったりするものをストレスの裏返しで食べようとする人が多いのかホントに不思議でしょ?そう思いませんか?
[PR]
by yamomet | 2006-06-28 23:22 | ごはん・ランチ


<< 青いもの食べなきゃ強迫症 殺意を抱いた僕はヤツを空き家に... >>