指定型バトンタッチ!「単身赴任生活」

長州の深窓の令嬢であるJJさんからバトンをいただきました。
僕でヨカとですか??と思いつつ、まずお引き受けしました。
ようやく身辺が落ち着いてきたので、ゆっくり考えつつ書いてみます。

■■■[指定型★バトン]のルール■■■

○廻してくれた人から貰った『指定』を【】の中に入れて答える事。
○また、廻す時、その人に指定する事。

****************************************************************

指定されたお題は【単身赴任生活】です。
jjさんが核心部分をダイレクトに指定して来られてちょっとマジ総括してます。
正確には社命で赴任しているわけではないので「出稼ぎ」と言います。

d0035104_22451339.jpg◆最近思う【単身赴任生活】
空虚 30%
新境地 40%
再発見 15%
郷愁感 15%

後ろ向きになってしまうと他愛なく空虚さと郷愁感に押し流されてしまう生活です。→赴任初日の部屋の中です。
新しい生活スタイルを見つけることは一見楽しそうですが、必然的にそうならざるを得ないということでもあると思います。
その犠牲の代償として、自分が時間を使ってみたかったこと、考えたかったことにエネルギーを向けるのを許されることでもあります。自分の存在価値を否が応にも客観的に見せつけられることのようですね。

d0035104_22484294.jpg
◆この【単身赴任生活】には感動!!!!
ブログを通じて料理が好きな食いしん坊の人たちが一杯いて、自分の持っていない料理の知識やノウハウを気楽に交換できること。
ホントにこのお陰で料理に関してはかなり新しい世界を覗くことができました。皆さんの惜しげない協力にとても感謝しています。

◆直感的【単身赴任生活】
子どもが幼いうちにこの生活だったら、精神的にバランスを崩していると思います。
たまたま家は子どもが大きかったからお互いが適度な距離感になってそれぞれの存在感を確かめるだけの精神的な成長度に支えられたということなのでしょう。

実際22歳から24歳までの間は月2/3近く県外出張だったのでほとんど単身赴任と代わらなかったけれど、それでも通して家にいる時間があり、帰る先には家族が待っているということと本当に家族が分離するということとは全く別物です。

◆好きな【単身赴任生活】
思ったときに好きな料理を作れること。
気の向いたときに仲間を呼んでホームパーティーができること。
UPL(うどんパスタラボラトリー)が存分にできること。
ブロガーさんたちに会える距離に住んでいること。

◆こんな【単身赴任生活】は嫌だ!
自分は世界で一番不幸な男だといつまでも嘆いて哀れみを乞うこと。
顔を上げて前を向け!

と、そうならないように自分を叱咤激励しながら暮らしています。

d0035104_2252324.jpg◆この世に【単身赴任】がなかったら。
貧乏ながら田舎暮らしをごくごく普通にしてるでしょう。
◆次に5人にまわす(『指定』つきで)
忙しかったら、パスしていただいてかまいません。
後ほどお願いにあがります。

・kozouさん:『故郷』
・よっしぃさん:『音楽』
・あひるちゃん:『バイト』
・かなみん:『お魚』
・かものはしさん:『仕事』
[PR]
by yamomet | 2006-06-30 22:58 | 生活ダイアリー


<< 出前一丁でお昼ご飯 青いもの食べなきゃ強迫症 >>