茄子の挽肉載せランチ

昨晩は大人しく0時前に寝て、ようやく普通に起床できる日々がやってきました。
お弁当をちゃんと作っているかどうかが自分の生活の健全度を測るバロメーターですね。
カップラーメンが登場し始めた時は体力面か精神面のどちらかがダメな時です。
d0035104_8295810.jpg

日光みそのたまり漬けを混ぜたご飯、挽肉を茄子に抱かせて焼いたもの、ウドと竹輪の旨煮、トマトです。茄子に挽肉の調理法はナジェさんのところからヒントいただいて作りました。

さて、先日のビジネス研修で講師を務めてくださった日光で300年以上の歴史のある漬物の老舗の社長さんのところからお取り寄せしたたまり漬けが届きました。
d0035104_8372374.jpg

大根、茄子、ごぼうなど数種類を刻み漬けにしてあるものです。
色は濃いですが、塩辛さは思ったほどではなく逆にほんのりとした甘さのある味です。
温かいご飯に載せていただいたら、これはおいしい漬物でした。ぬか漬けのようにそれだけをボリボリ食べるような種類のお漬物ではないので少し刻んだものをお茶漬けにしたり、白粥に添えたりしてもおいしそうです。今日はご飯に混ぜ込んでみました。

今回のお取り寄せでは「だんらん」という刻み漬けの他に赤だし、白だしの二種類のお味噌、お使い物にするのに生姜とニンニクの味噌漬けを取りました。
お味噌は赤だしを開けて味噌汁を作ってみましたが、香りの良いお味噌で魚介の癖を程よく消してくれそうな個性のある味でした。普段は田舎味噌とか白味噌と併せて使うのが良いようです。

こちらのホームページではユニークなたまり漬けのレシピがたくさん掲載してあり、中にはクスッと笑えるお茶目なものもあります。→日光みそのたまり漬け・上澤梅太郎商店WEBサイト
[PR]
by yamomet | 2006-07-27 08:44 | ごはん・ランチ


<< 中華飯と天津飯を一緒に食べたい... さすがに4日続けたら・・・・・××× >>