ゴーヤちゃんぷる弁当

d0035104_7474793.jpg
先週土曜日の友達来訪の時に自家製のゴーヤをいただいてまして、ちょっとストックしてしまいましたが、今日のお弁当に入りました。

ホントはスパムを入れるとそれっぽく沖縄風になるんですが、最近はスパムが身体に悪そうなのでストックしていません。前まで常時半ダースはあったんですがね。

おかずの相方が肉団子甘酢あんなので、肉類は省いて豆腐とゴーヤを炒めただけのシンプルなものです。
肉団子は冷凍庫に奥深く眠っていたものが旧やもめ庵からこっちに引越してきて更に1ヵ月冬眠していたのを見つけたので、急いで消費です。

ゴーヤは子どもの頃苦手だった食材ですが、この頃は好んで食べるようになりました。
人間の嗜好というのはつくづく不思議なものですね。
おいしいと言って食べられているものだよ、という情報が豊富に入ってくきて自分のセンサーでの許容範囲なら食べることができるようになってきて、例えばクサヤのように強烈な匂いがそれを上回る快の感情と結びつかないと食べ物という範疇から外れてしまいます。

生活習慣の違いによる好みの違いで興味深かったのは「食わず嫌い王決定戦」でユン・ソナさんが苦手だったのは鮭の焼魚。
冷たくなったら最悪だということです。何故鮭がダメかというと・・・

「切り身が火を通しても赤いまま、というこの魚はおかしい!」でした。色で決めつけるんかぃ!

エイを腐らせてアンモニア発酵させるところまで保存して食べる習慣の方が理解を超えるけどなぁ・・・・・まぁそれぞれお国柄なのでその辺でよしにしときましょうか。

余談ですが、豚足の食べ方は

1 茹でて冷ましたものを酢味噌で食べる。
2 茹でたものをこんがり焼いて塩で食べる。
3 煮込んで海草や野菜などと一緒に食べる。
4 その他の食べ方がある。

これはどの地域までがどんななんだろうと博多を出てから、かれこれ20年以上気になっている疑問です。お暇でしたら教えてください。
[PR]
by yamomet | 2006-07-28 07:47 | ごはん・ランチ


<< 週末のつまみはゴーヤと豚しゃぶ 中華飯と天津飯を一緒に食べたい... >>