暑い時にあっさり冷麦

今日は真夏の空です。
エアコンはドライで快適なくらいなので、まだ気を失いそうなほどの暑さではないようですが。

畑の取り残しで太くて大きなキュウリが手に入った時に冬瓜の代わりのようにして、皮を剥いて軽く火を通して食べることがあります。
d0035104_122359100.jpg

今日は太目のキュウリがちょうど冷蔵庫にあったので、あっさりした昆布つゆで海老と一緒に軽く火を通して冷麦の上に載せました。
砕いた氷をあしらえば、涼しくてさっぱりおいしくいただけます。

<材料 2人前>
冷麦2束
胡瓜(太いもの) 1/2本
海老2尾
昆布つゆ白だしの素

もしあれば、大葉、ごまなど

<作り方>
胡瓜は皮を剥き、タネをスプーンで掬い取って拍子木に切る。
海老は殻を剥いて、反らないように串を打つ。
昆布つゆ白だしの素を大さじ2を7倍の水で薄めて煮立て、胡瓜と海老を5分ほど軽く煮る。
火が軽く通ったら、鍋ごと氷水で冷やし、キンキンに冷たくしておく。

たっぷりのお湯で冷麦を茹でて、冷たい水できっちりとしめたら、器に盛り付け、よく冷えた胡瓜と海老を盛り付け冷たい出汁を張っていただく。

ごちそうさまでした。
[PR]
by yamomet | 2006-08-05 12:29 | ごはん・ランチ


<< 一安心・・・・・・・なのかホントに? 体にムチを入れる激辛タンタン風... >>