梅干入って桜色ご飯と魚フライ弁当

d0035104_8295768.jpg

秋の気候になって涼しくなったとは言うものの、まだまだ汗ばむこともある今日この頃。
ご飯が悪くならないように中くらいの梅干を2合の米に4つ入れて、出汁昆布5センチくらいのものを二、三枚入れて炊き上げたご飯です。
こりゃ着色料のせいだと思いますが、ほんのり桜色に。(使った梅はかつお梅市販品)

まぁいいや、細かいことは炊き上げてから言っても仕方ない。

おかずは昨晩スーパーの在庫たたき売りで安くなっていた白身魚のフライ@25円、出汁巻き玉子、一昨日作った鶏じゃが、1パック100円で10個くらい入っていたお得なミョウガをギョウジャニンニク醤油に漬け込んだもの。

この弁当箱に変えてから、以前よりもおかずの品数が入らなくなりました。
長細いというのは盛り付け上やりにくいところがありますが、重ねてしまえる構造なので、帰宅時にコンパクトになるのが良いところ。
[PR]
by yamomet | 2006-10-11 08:41 | ごはん・ランチ


<< うどん定食 築地めもりある >>