お疲れディナー・天ぷら定食が無性に食いたくて

今日、会社の仕事で作っている経営・税務関係の月刊新聞(タブロイド版で6ページ)の原稿をまとめ終わって印刷所に渡したので、一切残業しないで帰宅。
お昼に唐揚げ弁当を作っていって、けっこうがっちり食べたのでお腹が空かないかと思っていたら、5時過ぎからめまいがするくらいお腹が空いてきました。
終業のチャイムがなるまでの間に、何を食べたいのか考えてたら、何故かそういう場面の時には天ぷらが無性に食べたくなるようで、以前にもそんなエントリーがありましたね。
d0035104_20452925.jpg
魚の天麩羅が食べたかったけれど、スーパーに言ったら何か品揃えがイマイチだったので、野菜ネタだけ買って帰宅後、せっせと揚げました。

マイタケ、ミニアスパラ、茄子、レンコン、鶏モモ肉、海老でちょっとずつながら品数があるので揚げ終わったら皿に山盛り。
青い菜っ葉をこのところ食べていなかったので、小松菜はお浸し。
ジャガイモの煮物は今朝のお弁当の残り。

天麩羅定食というと反射的に「赤だし」ということになって、あられに切った豆腐を入れて葱をたっぷりとあしらった赤だし味噌汁を作りました。

普通にご飯一膳とこれだけのおかずを食べたら、もうすっかり満腹。
眠くなってきたので、身体が言うとおりに今日は夜更かしせずにさっさと寝ます。

天麩羅定食+小うどんセットにしようかな、という思いもふとよぎったけれど、止めておいて良かった。絶対に食べ切れなかったです。
[PR]
by yamomet | 2006-10-23 20:51 | ごはん・ランチ


<< 自由主義経済の陰謀・こうやって... なかなか直らない勘違いは未だに... >>