異種親子メニュー・釜玉山親子うどん&異種親子茶碗蒸し

さて、待望のイクラ三昧の夜。
たった600円で味わえるルビー色の幸せじゃい!
かなりたっぷり使ったみたいだけど、カレースプーン4杯くらいなのでまだたっぷりタッパーに残っています。うきょきょきょ!
d0035104_21333128.jpg
1品目 釜玉山親子うどん。釜上げした麺に生卵を絡め、半熟になったところへ、叩き山芋、中辛の塩鮭、イクラ醤油漬け、小葱を載せて出来上がり。
d0035104_21353525.jpg
2品目 異種親子茶碗蒸し。茶碗蒸しには豆腐が沈めてあり、その上に焼いた鮭のハラスを載せてから卵液を流して湯煎に。
卵と出汁の割合は本日L玉1個に対して白つゆ160cc。これでフルフルの柔らかい茶碗蒸し。
d0035104_21374185.jpgこんな感じで柔らかい食感にイクラの旨味がアクセントに。
でもね、イクラ三昧ちゅうてもこんなに載せたら最後の方は塩辛くなってしまいましたわ。

d0035104_2139465.jpg緑色がなくて寂しかったので天麩羅ダネのあまりのミニアスパラを茹でて、OKANサマから以前にいただいたぷちぷちマスタードを添えていただきました。

全体の感想としては、彩りの点も味の点でもかなりリッチなものにはなりましたが、うどんだとイクラが滑ってしまって一緒に食べることが難しかった、というのが問題でした。
山芋載せは丸香の釜玉山からそのままメニューを頂戴した形になりましたが、出汁醤油の代わりのイクラの塩味はなかなか良かったですよ。

ご飯で一年に一度食べるか食べないかの「卵かけご飯イクラのせ」ですが、今年は依然マイブームのうどんでこれを試すことができて満足デス。
鮭の親子クリームパスタは間違うことなく、旨いはずだし、ビジュアルも良いでしょうね。

さて、イクラぶっかけうどんというのがニアミスではあったんですが、釜玉というのがポイントでして、残念ながら正解にはならなかったです。残念っ!

追記:「ふうのなんでも帖」のふうちゃんがこのレシピはお見通しだったようです。
記事の編集は23時前後に終わっていたのですが、アップをかける前にふうちゃんの正解が出ていました。恐るべし饂飩処・梅津園!うどんば4食分送ってやらないかんね。
[PR]
by yamomet | 2006-10-25 23:23 | ごはん・ランチ


<< 324万画素の完成度・サイバー... 鮭・レンコンと鶏肉のグラタン・... >>