日曜劇場『輪舞曲』のロケ現場 チャメ溝の口店

d0035104_2325322.jpgいろいろあって二日酔いの身体にムチを入れるべく、部下の案内で溝の口にある韓国家庭料理店「チャメ」に行ってきました。
d0035104_23254065.jpgここは日曜劇場『輪舞曲』のロケ現場となったところで、番組終了後普通の飲食店として営業しているところです。
チェ・ジウと竹野内豊が撮影で来る日は追っかけファン、スタッフ、ガードマンと普段はひっそりとしている西口商店街が騒然となっていたという話です。
韓国の家庭の中がどんなインテリアなのかは知る由もないけれど、焼肉店と違って落ち着いた雰囲気です。
西口商店街のちょっと猥雑な感じの中にうまくはまっています。

d0035104_23291345.jpgスンドゥブチゲを頼むとついてくる副菜のキムチとナムルはお替り自由。これならユン・ソナが文句をいうこともあるまいよ。
このキムチとナムルが旨いです。特にキムチは甘みと辛さのバランスが良くて、お替りしていただきました。バリバリ食える味付けのキムチです。
ほうれん草のナムルもおいしかったですね。ご飯にピッタリだし、これでビールを呑むのもよし。

d0035104_2332172.jpg
海鮮チヂミ¥880を食べながら、スンドゥブチゲを待ちます。
カリッと焼き上げられたチヂミにはニラ、ホタテ、イカなどがたっぷりと使われ、コチュジャンをベースにしたつけだれがおいしかったです。
ボチボチとキムチをつまみながら、チヂミを食べているうちにグツグツ沸騰したままの石鍋のチゲが来ました。
d0035104_23353143.jpg
グツグツ言っているうちに生卵を割りいれてかき混ぜて半熟状態になるのを待ちます。
そうしているうちに石鍋で炊かれたピカピカのご飯が運ばれてきました。
d0035104_23364384.jpg
ピカピカ光る炊き上がりのご飯はちょっと柔らかめですが、ぐちゃっとしている感じではなく、柔らかめのおこわのような感じ。
さて、料理が揃ったのでいただきます。程よい辛さは二日酔いの胃袋をピシャリと治してくれそうです。頼んだのは豚のスンドゥブチゲ。
具には豚のほかにあさりなども入り、スープはそれぞれの旨味が絡んで一言で何味のスープと言い表せない複合技です。これは文句なしに旨いですね。辛いばかりではないし、甘みも軽い酸味も塩味もありです。
d0035104_23404296.jpg
炊き上げたばかりのご飯をお店の子がステンレスのお茶碗に取り分けてくれるのですが、石鍋についたおこげの部分はとうもろこし茶の熱いものを注いでおいてくれます。

チゲを食べ終わる頃に鍋肌から柔らかくなってはがれて、香ばしいおこげのお茶漬けのようになっていますので、これを仕上げにいただいて、辛さの残る口中をさっぱりと洗い流しまう。
あぁ満足。お腹一杯になりました。ご馳走さま。
最後に甘酸っぱい柚子茶が出て、今日の晩ごはんは終わりです。

姉妹(チャメ)溝の口店

* 神奈川県川崎市高津区溝口2-7-15 1F
* 最寄駅:溝の口駅(JR南武線,東急田園都市線)
* 電話:044-811-6644
* 営業時間:11:30 ~ 23:00 (L.O.22:30)*不定休

d0035104_23552563.jpgチャメスペシャル定食980円
牛スンドゥブ定食880円
ホルモンスンドゥブ定食880円
あさりスンドゥブ定食880円
キムチスンドゥブ定食780円
海鮮MIXスンドゥブ定食1,080円
豚スンドゥブ定食780円
たらスンドゥブ定食880円
きのこスンドゥブ定食780円
野菜スンドゥブ定食780円
海鮮チヂミ 880円

その他一品料理などもあり。
[PR]
by yamomet | 2006-10-27 23:54 | ごはん・ランチ


<< デジカメとiPod退院 324万画素の完成度・サイバー... >>