木下製粉「玄米うどん」+鶏天、シメジ、ニンジン、春菊

反省しました。
真面目に帰ってきてからご飯をきちんと作りました。
気合いを入れるためにもリセットメニューの定番の天麩羅です。

相棒は玄米が30%全粒粉が混ぜてある干しうどん。
生うどんも自家製のがあるんだけど、乾麺がいつになっても消費できないので今日は乾麺。
d0035104_23214628.jpg

小麦粉の割合が少ないのに、つるみもコシもあっておいしかったですよ。
健康にいいもん、食べてるなぁって感じで満足。

春菊をウフフーゼに入れた途端に油がわぁっと泡だって、レンジ周りは油でベタベタ。
これから片付けと掃除をせにゃ。うらめしや。

カリッと天麩羅を揚げるために何をしたら良いのか調べとったら、東京天麩羅会(天麩羅専門店の同業協会)公式サイトでちょっとビックリな小技を発見。

---------------ここから引用-----------------------
ですから、ツユに漬けるにせよ天プラは揚げたてを出来るだけ早く召し上がって戴きたいのです。この点で盛り合わせの天プラを揚げたてと同じように軽く作のは無理な話です。そこで私達は幾つかの工夫をします。第一は種の水分の蒸発を防ぐことです。カツの卵も同じですが、種と衣の間に膜を作って覆い水分を衣に行かせないようにします。天プラでは種に薄く片栗粉をまぶしてから衣を付けて揚げると衣の水分と熱で片栗が膜を作るので蒸発する水分を可成り抑えることが出来ます。>>引用元 東天会サイト

---------------引用ここまで-----------------------

タネの表面に生粉をつける時に片栗粉を使う????
揚げたものをすぐに一品ずつ食べるような食べ方をしない時はタネの水分を片栗の被膜で中に閉じ込めてしまう、というもの。

d0035104_233613100.jpgやってみました。

間違いないです。15分以上前に揚げた最初の天麩羅もサクサクしています。
衣を普段より薄めにしたことも効果を助けているんだとは思いますが。
あと、少し高めの温度設定で地の厚い鍋を使って揚げる。

ん~衣自体は市販の天麩羅粉だし、ただの水道水で溶いただけだし、なのに珍しくきれいにカラッと揚がると、ものすごく得した気分。
天麩羅はなかなかうまく行かなかったので、これだったら大丈夫かなぁ。
あと何回か同じやり方でやってみて間違いなければ、テクニックとして使えるということになるんでしょうな。

天麩羅揚げようかなと思ったら、皆さんも一度試してみて、結果を教えてくださいませ。
[PR]
by yamomet | 2006-12-18 23:39 | ごはん・ランチ


<< 健康にならねば…「豆腐チゲ」「... 死んでまつ… >>