高糖度トマト「土佐のフルーツトマト」

先日、自家製うどんを送ってくださった高知のやまちっちさんが一緒に入れてくださったフルーツトマト。これは食べたことのない甘さのトマトでした。
d0035104_029856.jpg

d0035104_0292483.jpg
皮は硬く、実が締まっていて市販のトマトのグズッ、ザラっとした感じが全くしません。
反発を感じるような(コシがある?!)実は噛み締めるとじわーっと湧き出すように砂糖そのものと思えるような甘みが染み出してきます。

原種の産地であるアンデス高地の環境に似せて肥料や水を最低限まで抑えて育てる方法を試して10年の歳月をかけてできたトマトだとインターネットに情報が公開されていました。
「おいしんぼ」に出てきたのも確かこれと同じトマトだったという記憶があるんですが。

どっちの料理ショーの特選素材にも選ばれたというフルーツトマトは未知の世界にひきこんでくれました。無農薬無肥料で育てている青森の絶品のリンゴと言い、このトマトと言い、自然のあるがままの状態を再現することで最大限に味を良くする技術を持っているこの生産者の方たちはスゴイ方たちだと思いました。

d0035104_035920.jpg
鶏の味噌漬けを実家から送ってきたので、それを焼いて主菜にした弁当。
そのデザート代わりに貴重なフルーツトマトを半分。残り半分はあまりにおいしいので、朝食べてしまいました。
このトマトソースで作ったパスタが食べたい。そんな贅沢無理か…
[PR]
by yamomet | 2007-01-09 00:37 | ごはん・ランチ


<< この数日間のごはん 富士吉田うどん探訪 >>