おぉ吉池!

昨日から一泊でお客さまにお呼ばれで新年会に出かけてきました。
場所は箱根湯本の河鹿荘。
毎年、この時期にお客さまの職方さんやお得意様を招いての新年会が催され、私たちの会社もご招待に預かるということなのです。

午後4時、ホテルに到着し、部屋から外を見回すと、おぉ見慣れたロゴが目に飛び込んできました。
d0035104_14131441.jpg
吉池旅館。と言っても皆さんに馴染みがあるかないか…

山手線御徒町駅前にこのロゴのついた「スーパー吉池」があるのをご存知ないでしょうか?
ここのお店は大正9年に新潟県松之山出身の初代社長が東京に進出して創業したお店なのです。新潟県上越市春日山の人には馴染み深いスーパーです。

御徒町のお店でも新潟の鮮魚や塩乾物などを取り扱っており、時々番組取材などを受けているところです。
このグループの中でもスーパーとして作られたのは新潟の自宅のすぐ近所にある春日山店が昭和48年12月店開店とこちらの歴史の中でも比較的早い時期に開店。
恐らく東京で一定の成功を収めて故郷・新潟に凱旋するような形でスーパーマーケットを作られたのかもしれません。

その吉池の経営している旅館がここ箱根湯本と都内に数軒。
何か懐かしい友達にばったり出会ったという感じでした。

創業者 高橋與平氏とは?
東京上野「吉池」の創業者。事業家として成功を収める一方で、故郷松之山の振興に貢献。特に県下初の全日制分校としての県立安塚高校松之山分校の存続、校舎の改築などに尽力されました。

現在は主に飲食店チェーン展開が主力となっているようです。
遠くで出会ったふるさとの匂いのようなものを感じて、帰ってきました。
[PR]
by yamomet | 2007-01-14 14:26 | 生活ダイアリー


<< 天麩羅とおでん弁当 この数日間のごはん >>