リクエストにお応えして「スイカぺそら漬け」の断面

d0035104_11445678.jpg
縞々でころりんとした姿にハートを射抜かれてしまった皆様へ、お約束の縞々の中身でございます。
分厚い皮の下にはいずれは赤くなって甘い果肉になったであろうと思われる場所に種の痕跡が認められます。でも、若くしてこのようにおいしくなられたのはその実力ゆえかと。

d0035104_1144989.jpgさて、昨日ある道具をお貸ししていたところから、長いこと借りてしまったお礼にといただいた焼肉用のプレートです。早速開封して介護福祉士試験を今日受験する妻と一緒に「戦勝祈願焼肉」をしました。

昨晩の肉は「安い牛肩ロース」、「ブラジル産鶏モモ肉」、「アメリカンポークロース」の三種類で多国籍軍でした。

この厚さ1センチはあろうかという焼肉プレートは炭の粉末を高圧プレスしたのちに1200度の高温焼成したものだということで、火の当たりが柔らかいとのこと。
受け皿には水を入れられるようになっていて、ジンギスカン鍋のように中高の曲面に沿って焼いているときに出てきた脂は下の受け皿に落ちるようになっているという仕掛け。

これの良いところは「すぐに焦げてしまわない」「肉が柔らかく焼ける」「芯までじっくりと火が通る」という正に効能書きどおりの性能で妻共々大満足でした。
やっすい豚肉が実は一番おいしく焼けて、鶏モモ肉、肩ロースと続くのでありました。
豚肩ロースはナジェ君が掛け時計の裏側にガムテープで貼り付けて、極秘に密輸してくれた(爆)マコーミックのレモンハーブシーズニングとイタリアンハーブミックスでマリネしてから焼いたので、妻にも好評。シーズニングスパイスというのは殊のほか便利なんだなと改めて実感。
ナジェ君、さんきゅ!

葱をぶつ切りにして焼いたのも好評で葱の甘みが引き出され、良い具合。

通販でよく売られてたアイテムということでしたが、これは良いですよ!
火加減を少し弱めてやれば焦げないで保温にもなるし。

d0035104_11541762.jpg脂モノをたくさん食べた罪滅ぼしに「健康的ネバネバ」
ワカメめかぶに納豆を混ぜ合わせて、納豆のタレを入れただけのものですが、このネバネバはものすごいです。これだけ糸を引けば、体にも良かろうというわけで。

さて、受験生が帰って来るまで、うどんでも仕込みしようっと。
今朝、田園都市線で事故があって10時ちょっと前まで地下鉄が止まってたらしいんだけど、ちゃんと着いたのかどうかがちょっと心配ですが。
[PR]
by yamomet | 2007-01-28 11:57 | ごはん・ランチ


<< 身体鍛錬 妙高の雑木林でアカゲラと接近遭遇 >>