冷やし豚しゃぶ弁当

今日のメインは冷やし豚しゃぶ胡麻だれ風味。
添え物のお饅頭は海老芋を蒸して裏ごししたものを皮に塩茹で海老を芯に包んだもの。
上にかかっているのは濃い目のくずを引いたエリンギ入のキノコあん。
d0035104_8522388.jpg

海老芋饅頭は上越市の某割烹で出たものを真似してみた。
包むところまではイメージどおりにできてバッチリと思ったのに、つなぎを使わず、外に粉も打たないで素揚げにしたら、最初の方の油の温度が低い時に入れたものがどろどろと溶け出してしまって、外がカリッと揚がらず。
油の温度以外にも、上新粉か何かのつなぎを入れて表面をしっかりとさせることも必要だったのではないかと思った。

食味は上々でねっとりした皮が何でできているのか分からなかったけど、旨みのある一品だったという感想をいただいて、揚げ損ないもちょっと救われた感じ。

豚しゃぶはお湯に昆布の粉末と塩で濃い目の出汁風味にしてみたら、昆布粉末が溶けきらないので緑色のバスクリンのようになり、豚肉がところどころ緑っぽくなってしまったので食べる人には

「ただのアオカビだから、気にしないで」
と言っておいた。

さて、明日は土曜日でお弁当はお休み。
自分の昼飯の算段だけすれば良いので、お気楽。
生うどんでも持っていって茹で立て麺を楽しもうかな。
[PR]
by yamomet | 2007-02-16 08:52 | ごはん・ランチ


<< スモークチキンサンド・ランチボックス 特製ハンバーグ弁当 >>