第三幕の始まり・ここからの処理が腕の見せどころよ!

d0035104_19374852.jpg
これから月刊の機関紙の編集作業なので、お約束の深夜残業。
ここらで腹ごしらえをしっかりして、いざ業務処理へ。

新製品?!なんだろうか。
ネギ塩カルビのBigカップ。
まぁまぁいけてました。
容器が発泡スチロール製から紙製に変わってた。
ついでにリフィル対応のカップヌードルのデザインのカップと中味がセットになったものも599円で売ってた。
d0035104_19491395.jpg
>>レビュー記事へ
ちょっと容器が高くないか?日清さん。
リフィルも128円だし。


カップは継続的に使えるから、リフィルが回転して数が伸びると思うんだったら、単価下げなきゃ。販促の自信がないのかなぁ…中途半端なプライシングだこと。

リフィル対応商品を出すのにどうして類似商品のsoup noodleなんていう中途半端な安売り商品を自社市場で競合させるんだろうなぁ。

中味はほぼ同じで重量も同じ。
そしてこちらはカップ付き。
それでいてsoup noodleは100円ショップの定番。
時々88円くらいになってることもあり。

なのに中味だけのリフィルがそれよりも高い。
どう考えても納得がゆかぬ。

故・安藤百福社長は地面の下でこの販売戦略をどう思ってるだろう…
[PR]
by yamomet | 2007-04-16 19:44 | ごはん・ランチ


<< さぼりうどん・アナゴ天+イカ天うどん 雪国、春の味覚「こごみ」 >>