ホームページの経営的運用の参考書

たまには仕事の話を・・・・・・
日頃の仕事ではホームページの制作を担当していますが、サイトは乱立状態でただ作っただけではさっぱり営業効果がない、というのがごく当たり前になってきました。
僕が担当しているお客様のサイトの中にはそういったお悩みを抱えておられるところも少なからずあり、何が足りないためにそうなっているのか、というご相談をよく受けます。
d0035104_21154774.jpgこのフォレスト出版から出ているHPコンサルタント佐藤元相氏の書かれた「小さな会社★集客のルール」という本には企業経営者がWEBに対してどう向き合うべきか、制作担当者はどういったポイントを押さえてクライアントの相談に乗らなくてはならないか、を分かりやすく書いてあって参考になります。
きれいなアニメーションやイメージ優先のサイトが必ずしも売り上げの上がるサイトということではないというのがはっきりしているのは誰でも知っていることですが、更にそこから突っ込んで総花的に展開しているサイトの弱さは何故生まれてくるのかという理由がよく分かるように思いました。
実はあるお客様から僕とその社長とのかかわりはこういう形でバディを組んでやっていきたいから読んで欲しいと言われてお借りした本だったんですが、目から鱗がポロポロ落ちた気がしました。
WEB制作という仕事がどんどん経営コンサルタントの立場にシフトしているということが否が応にも思い知らされる良い機会になりました。
d0035104_21161129.jpgそのコーナーの付近にあった「SEOを超えたホームページ集客術」という本も併せて購入したのですが、これには最近の検索エンジン攻略と注意点、PPC広告の活用方法などが具体的な事例を含めて書いてあり、これはテクニック書として有効に使えそうです。
たまには呑んだくれないでしっかり勉強したいと思います。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-05-19 21:16 | 生活ダイアリー


<< 看板に偽りなし!超絶B級グルメ... 特注お誕生日弁当 >>