中越沖地震から20日後の柏崎市

昨日から仕事で上越に来ています。
定期出張ですが、今回は中越沖地震で被害の大きかった柏崎市に関連のお客さまがあるので、お見舞いをしました。

運良く建物そのものの大きな被害も怪我人もなく、通常の営業状態に戻っていらっしゃったので安心したのはしたのですが、市内の中心街の建物倒壊などは想像以上にひどい状態でした。
正直なところ、ニュースで見るのは同じ倒壊、崩落場面が多かったので、ひどいところをピックアップして見せているんだろう、と思い込んでいました。
報道でいろいろな数字が発表されても、やはり身近に現場がないと今ひとつ現実感がないのも正直なところでした。

まるで両手で建物を左右に引っ張って壊したように梁が二つに切れて倒壊している家、雁木(小さなアーケードみたいなもんです)側の玄関口はちゃんとしているようで、店舗自体は完全に潰れてしまっている模型屋さん、まるきり原型がなくなってしまった柏崎神社…

写真を車で通りながら撮影したのはしたんですが、自分自身、隣の上越市にいて何の被害もなく、平穏にしている中、半分興味が先行してしまっているような気がして、そこに住んでいる人の気持ちになると倒壊した建物の写真をアップする気になれません。

建物が壊れたのは、築年数の古い土壁作りの木造建築物が多く、耐震性を元々重要視して建てられていないものがほとんどです。
中越地震以上に激しく振幅の大きな横揺れで手のひらでマッチ箱を押しつぶすように倒壊したものが数多く見られました。
d0035104_8321451.jpg

一枚だけ地球のクソ力がかかった証拠の写真をあげておきます。
歩道の縁石が斜めに押し出されたところです。
ほぼ30度くらい縁石が歪んでいますので、地面が一時的に地表が15センチ以上平行に揺さぶられたということが分かります。

柏崎では市街地では倒壊した建物の片付け、解体、家屋安全度調査、仮設住宅の建設など、これまでの地震被害の教訓を生かして、急ピッチでインフラ整備が進められていますが、倒壊した建物の持ち主には建て直すのに十分な資金があるとは限らず、潤沢な復興資金が必要です。

もし、震災復興に力を貸してくださる方がいらっしゃれば、下記の窓口で義援金を受け付けていますので、ご協力をいただければ幸いです。

がんばろう!輝く 柏崎 義援金窓口のページ
義援金受付窓口 柏崎市会計課 0257-21-2242

第四銀行柏崎支店 普通預金1732160 口座名義「柏崎市災害対策本部」
大光銀行柏崎支店 普通預金3004797 口座名義「柏崎市災害対策本部」
柏崎信用金庫本店 普通預金0403648 口座名義「柏崎市災害対策本部」
郵便局 口座番号00540-8-45 口座名義「柏崎市災害対策本部」
北越銀行柏崎支店 当座預金14 口座名義「柏崎市収入役 伊藤要一」
[PR]
by yamomet | 2007-08-07 08:45 | 生活ダイアリー


<< うお作さんに教わった冬瓜の料理... 便利モノ 冷凍シジミ >>