柏崎復興・名店そばよし復活!

研修で柏崎に出かけ、その帰りに同僚と夕飯がてら、柏崎駅前にある名物店「そばよし」に寄って腹ごしらえをしてから直江津駅に向かった。
僕は焼きそばの並盛、彼はラーメンの並盛。
d0035104_112417.jpg
盛りが良いことでも有名なこのお店はチャーシュー麺を頼むと丼を覆い隠すほどの量のチャーシューが盛られ、焼きそばは並でこの分量。
といっても分かりにくいかもしれないが、22センチの洋皿に高さ12センチくらいこんもりとなっている。お値段は¥700。
焼きそばと言っても蒸しそばをソースで炒めたのではなくて、中華麺を硬茹でして、ソースをベースに中華風の合わせ調味料で炒めたもの。
他のテーブルに運ばれた大盛を見ていたら、高さが1.5倍になっていた。こりゃ食えん。並盛りで正解だったと思う。
付け合せのスープを飲んで、ラーメンスープの味を想像するに、鶏ベースの魚介とのダブルスープで非常にあっさりしている。呑んだ後の〆には最高だろうな。
ラーメンを食べていた同僚いわく「焼きそばも量が多いけど、ラーメンもぎっしりと麺が詰まっててかなり腹苦しいです。」とのこと。ちなみにラーメンは¥500とリーズナブル。
大き目のチャーシューは、茹で豚系の感じ。

今日の昼ご飯は、僕にそっくりの店長がいるという噂をあちこちで聞く、新井道の駅内の麺屋吉祥に行って真相を確かめて自虐ネタにしようと思っていたら、残念ながら店長が僕を避けたらしく?定休。あら残念、ということで斜め向かいの吉祥寺ラーメン「よしきゅう」に入る。
d0035104_119588.jpg

d0035104_1214479.jpg
豚骨ラーメン¥650とランチタイムサービスのご飯セット(ご飯お替り自由+餃子3ヶ=150円)を頼む。豚骨ではあるが、背脂のしつこさはあまりなく、全般にあっさりしたもの。
同じ豚骨ベースでインパクトや味の変化を楽しむラーメンを求めるとしたら、長野のまとやの方が記憶に強烈に残る感じ。数少ないラーメンの食べ歩き歴なのであまり偉そうなことも言えないけどね。
とはいえ、平均点以上のおいしさなので、スープもほとんどいただき完食。

さて、次こそ自分の生き写しに合わないと…
[PR]
by yamomet | 2007-08-28 01:25 | ごはん・ランチ


<< 代休日のお昼ご飯は、サンマの塩焼き 創業より71年の歴史ある居酒屋... >>