スパリゾートハワイアンズ満足度100%

ハワイから戻りました。
d0035104_2105493.jpg
激安の一泊二日は、満足度100%。
文字通り、童心に帰って、ウォータースライダー&温泉三昧してまいりました。

d0035104_2132656.jpg夕食、朝食は共にバイキング。派手さはないものの、そこそこのものがあって、ゆったり食べられたので満足。
お昼の鰻チラシがずいぶん量があって、晩ご飯の時までお腹が空かなかったのが残念。ガッツリと食べるところまでいきませんでした。

メインは肉か魚を選ぶことができて、僕は牛ヒレ肉のポアレレンズ豆添え。
ヒレにしてはちょい硬かったけど、まぁ一泊の値段が値段なのでこれ以上を望むべくもなく。
とっとと食べてしまって写真なし。悪しからず。
d0035104_2163621.jpg
ビアホールのバイキングのような冷凍食品のオンパレードではなかったので、救われた気分。
このパスタは、鮭と平茸のクリームソース。さすがにパスタがプリプリしていることはないけれど、平茸のしっかりしたものを使っていて、出来立て和えたてのところで食べたら、美味しかったんだろうなぁ。





d0035104_21101222.jpg

「館内でひょっとしたらお金がいると困るから、現金持って行くわ~」とビニール袋に入れて、水着のマジックテープ付きのポケットに入れていったら、途中で見事に水没。
結局、現金はプールエリアでは不要で、ただお札を濡らしただけ。
※水没したお札を鏡に貼り付けて乾燥中の写真。怪しいおぢさんを撮りたかったわけではありませぬ。

二日目、今度はウォータースライダーのチケットを買うのに今度こそ、お金がいるに違いない、とIKEAのビニール袋用のクリップで口を閉じたビニール袋にお金(昨晩の残金7100円)を入れてプールに行ったところ、予想通り、ウォータースライダーのチケットはできたら現金で、というので、四人分4400円(優待チケットがあって半額になった!)を支払った後、また密封してポケットへ。

ワンダーブラックなる一番スピードののるウォータースライダーに乗り、その後、ちょっと緩いワンダーリバー、ワンダーホルンと乗っているうちに、ふと気になってポケットを探ると、見事に現金のビニール袋をロスト。

現金だけが入った名無しのビニール袋は、落し物で探してもらったが、当然出てくることもなく、誰かの昼飯代になってしまったんでしょう。
まぁ怪我なく帰ってきたので、何かあったかもしれない災難をそのお金が逃がしてくれたとでも思うことにしましょう。

壱万円札を一枚丸々失くしていたら、こんな殊勝なことを言うわきゃござんせん。(笑)

昼間のプール、夜のフラ&タヒチアンダンスショー、いずれも心底楽しむことができました。
以前、15年前くらいにここへ来た時もここのダンスショーは、本気モードですごいなぁと思っていたのですが、ファイヤーダンスのダンサーがすごいイイオトコばっかりになってるし、フラのお姉さんたちもかなりレベルが上がってます。

蒼井優やしずちゃんや松雪泰子はいませんでしたが(当たり前ぢゃ!)、泳いではしゃいで楽しめる人にはとても満足度の高いお宿でございました。

ちなみに東京からいわきまで特急スーパーひたちで行くと、片道6390円也。
高速だったら三郷から片道4200円+ガソリン代。
そう考えると送迎バス利用の宿泊がいかに安いことか…
次の大人の修学旅行は迷うことなく、ここだ!
[PR]
by yamomet | 2007-09-10 21:23 | 生活ダイアリー


<< 取り急ぎ冷やご飯でチャーハン弁当 ハワイへ慰安旅行 >>