取り急ぎ冷やご飯でチャーハン弁当

d0035104_84914.jpg
冷やご飯がちょうど一人前。チャーハン弁当に変身。
まだ、残暑厳しき折、一日半経ったご飯をそのまま詰めていくのはちょっと怖い。

中華鍋を火にかけたらすぐに油をオイルポットから鍋の深さの半分くらいまで入れて、中火で加熱してから、油をポットに戻し、鍋肌にある油と大匙1くらいの新しい油を加えて炒めるとテフロン加工の鍋のように焦げ付かない。

正確には焦げ付かなくなってきた、というのか。
焦げ癖を焼ききって、毎回こうやって油を馴染ませていたら、焦げ付かなくなり、今がとても良い状態。可愛い可愛い山田工業所の鍛造北京鍋。
ホントにスグレモノだなぁ、これは。
[PR]
by yamomet | 2007-09-13 08:08 | ごはん・ランチ


<< お茶目なお土産・にぎり寿司かま... スパリゾートハワイアンズ満足度... >>