腹だけ満たしたければこんなのもある

○ヤングから発売されている焼きそばの超大盛りカップ。
こちらもラーメンライスカップと同じ中高生がターゲットだろうか・・・・・
オールアバウトジャパンで詳細な商品レポートを見つけた。関西、北信越辺りには流通していないみたいだ。
新潟のうちの娘は「一度で良いから見てみたい、食べてみたい。」と言っている。会社の近所のファミマにはいつでもあるから今度帰省する時のお土産はこれで間に合いそう。
並みの焼きそばが横並びに2枚入っている超ど級のボリューム。
夜中に無性にソースものが食べたくなって買ってきて完食したら翌日の昼まで胃がもたれていた。これも中高年は食べてはいけないものの一つのような気がする。

ぜんぜん焼きそばとは違う話題だが、東急田園都市線溝の口駅の構内に立ち食い蕎麦がある。
ここはいつでも蕎麦(冷温両方選択可)と小丼(カレー、マグロ、アナゴ、カルビ、天麩羅)のセットが490円~500円。とにかく安いので食べに行くが、東急に乗る用事がないと食べられないので困っていた。
ある日、駅員さんにパスネットを提示して「中で食事を済ませたらまた出てきたいんですが、普通に改札して後で料金を戻してもらえるんですか?」と勇気を出して聞いてみたら、

「そんなことしなくても普通に駅員に断って入って、食事が済んだらその旨言ってくださればパスネットは必要ないですよ。」・・・・・・・・・・・えっ!

その時以降、駅員さんに声をかけてからランチを安く済ませて普通に出てくる。
ふと疑問が湧いた。そのまま電車に乗って別の立ち食い蕎麦のある駅で「今、食事だけのために入っていたので・・・・・」と言ったら、すんなり出してくれるんだろうか???
溝の口駅にしても、改札を通る人の数は少なくはないのである程度時間が経過したら、誰が食事のために入ったとかチェックもしてないみたいだし、入場証明みたいなものもないからタダ乗りしちゃう人がいてもおかしくない。
今度、神保町だったか大手町だったか駅構内に立ち食い蕎麦があるところで試してみよう。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-05-21 12:55 | ごはん・ランチ


<< ラーメンライスカップ名誉挽回 看板に偽りなし!超絶B級グルメ... >>