ゴーヤをいただいて…

d0035104_121180.jpg
仲間の家でゴーヤが最終盤の頑張りを見せて、まだまだ採れているということでお裾分けをいただいた。唐揚げ、カボチャの素揚げ、人参と一緒に塩もみしたゴーヤでランチ。

五穀米の種類を変えたせいなのか、このところご飯の炊き上がりが硬め。
そんなに吸水するほどたくさんではないと思うのだけれど、何故か硬い。
炊飯器のセットはいつもどおりなんだけどなぁ。

ゴーヤの苦さも子どもの頃は苦手だったが、最近は普通においしく感じる。
特にゴーヤチャンプルーなんか最高の組み合わせだと思うし。
熟した種は真っ赤で、種子の周りのゼラチン質の膜は甘くておいしいと、ゴーヤをくれた仲間が言う。さすがにそれはまだ試せていない。作っている人だけの特権。
[PR]
by yamomet | 2007-09-25 12:08 | ごはん・ランチ


<< 讃岐人に東京のうどんを食べても... ステープラー >>