お好み焼き店取材

事務所の近くにあるお好み焼き屋さんを広報誌に載せるために取材。
d0035104_11435081.jpg

最近、野菜が高いでしょう。
お好み焼き屋さんも大変なのです。

ご主人と話をしていたら、今、世間では輸入食品の信頼性が取り沙汰されているので、野菜にしても肉にしても、今までずっと国産だけにしておいて良かった、とおっしゃっていました。
原価が高くつくでしょう?と訊いたら、「自分でも不安になるようなものを出すよりは、高くても美味しくて新鮮で安心なものを出す方が自分も安心じゃないですか。」とおっしゃるのには感心しました。思っててもやれないお店少なくないですから。
d0035104_1211482.jpgお好み焼きももんじゃ焼きもおいしく仕上げるための焼き方というのがありまして、分からなければ、おかみさんやご主人に聞いて、教えてもらうかやってもらうかが正解です。
お店でもぜひそうしてよ、とおっしゃっていました。
ボリューム感を大事にしておられて、品の良いお好み焼き店の1.5倍はありました。
焼けば直径23センチくらいでしょうかね~。
たこやイカも大ぶりに切ってあって、満足度抜群です。
冷たいビールでおいしくいただきました。
d0035104_1235545.jpg

↑ は、お店の名物メニュー「ミックスジャンボ焼き」
直径22センチの大きな深い丼に山盛りにされたキャベツ、イカ、たこ、牛肉、豚肉。
分量的には普通の2枚分近い重量がありそうです。
たまに、これを一人で食べる方がいらっしゃるようですが、けっこうヘビーでしょうなぁ。

なお、取材に関係ないけれど、ワタクシ一人では食べきれないでしょう、と勝手に編成された欠食児童スタッフ。
当初は不要かと思っていましたが、結果的には3人の助っ人がいて、正解でした。

取材先:お好み焼き・もんじゃ焼き ふぢ
〒213-0033 神奈川県川崎市高津区下作延1160-1
[PR]
by yamomet | 2008-02-17 12:01 | ごはん・ランチ


<< ランチNPO まとめて週間報告 意思決定 >>