自分救済ランチ

d0035104_7473586.jpg

引越しのことも考えて、ストックしている乾物系の食料を消費してしまおうと整理したら、
出て来る出てくる、乾燥麺類。

奇しくも米が品切れ。

約1週間、乾麺を茹でて、うどん、蕎麦、ライスヌードル、パスタと一切買い物をしないで
一日の大半の食事を麺類で頑張ってみたが…

ギブアップ!

食料がないことを考えたら、贅沢な悩みではあるけれど、ご飯が食べたい。
不思議やね~、この感覚は。
米の無味に近いものに対して、味が必ずつく麺類料理。
ごはん+おかずで生み出される味の調和というのか。

久しぶりに辛子高菜と炊きたてごはんと玉ねぎの味噌汁を食べたら、沁みる美味さ。
うどん屋をやって、毎日食べに来てほしいなぁとあれこれコンセプトを考えている自分に
とってすごい気づきやなぁと思いましたわ。

米のごはんのように続けて食べることができるうどんを作らんならんわ~。
がんばれ!自分!

PS:それにしても携帯のカメラは進化したね。
[PR]
by yamomet | 2008-03-12 07:56 | ごはん・ランチ


<< ランチNPO 最後のお弁当 自画自賛 >>