熱いキス

怪しい話題ではございません。熱いキス天を堪能した話。
d0035104_1273895.jpg
昨日、茅ヶ崎沖で仕立て船に乗ってキス釣り。取引先さんの福利厚生行事に参加させていただいたという次第で、好天に恵まれベタ凪の相模湾で魚と勝負の一日。
いつも仲間に誘われて船を仕立ててアジやらキスやら狙いに行っても、なんでかタイミングが悪くて悪天候だったり、天気が良くても潮の加減か船に乗り合わせた全員がほぼボウズ状態だったりするため、今回もどうしたもんか悩んだ挙句、「今回で外れたら船釣りはしない!」とかけっこう大げさな決心をして参加。
なんせ一匹2000円の小アジなんてことになってしまっていたので経済的にも勇気のいる決断なのである。

前日が雨に雷とかなりの荒れ模様だったので、またしても・・・・という思いに駆られつつ早朝5時に会社の先輩に拾ってもらって茅ヶ崎へ。
ややうす曇ではあるけれど、晴れ。日が高くなるにつれて徐々に晴天に。

6時20分に茅ヶ崎港を出港して烏帽子岩の先で竿を下ろす。
下ろして数分たたないうちにガツンというアタリが来て、巻き上げると12~13センチくらいのメゴチ。
これは天麩羅にするとキスより旨い魚。続けて二投、三投と一箇釣りこそないものの、メゴチとキスが1:2くらいの割合でヒットが続く。アタリを取り損なって逃がした魚も多い。
隣で釣っている主催者である社長さんは一箇釣り連発でスタートしてから2時間ばかりで30匹を超えている。
午前11時近くなってきてピタッと食いが止まり、その後は忘れた頃に釣れるくらいになっていって結局午後はメゴチとキスとヒイラギと合わせて10匹釣れた程度で納竿。
同じ側の隣の席で釣っていた主催の社長さんは午後に入っても順調に釣果を伸ばし、こちらがまったくアタリもカスリもしなくなっても、ヒットがある。明らかに腕とキャリアの差をいやでも見せ付けられる。
結果は白ギス34匹、メゴチ11匹、ヒイラギ4匹と地味な数字ながらも自分の船釣り史上では最高の釣果。年に一回しか行かないんだから、これは自分にとってスゴイ結果でご満悦で帰宅。本日のトップ賞は前述の社長さんで楽勝で50匹オーバーのキスに加えてメゴチ多数、おまけでタコなども釣りダントツの優勝である。
「帰ってから捌くのは俺だから大変なんだよなぁ、こんなに釣れちゃうと。」と言いながらもホックホクの笑顔である。
この釣り大会の過去の実績の中でも平均して今日のように釣れたのは初めてのことだったらしい。

d0035104_12212146.jpgこの日は平均25匹前後だったのでみんなニコニコ上機嫌で解散していった。
さて、問題は帰ってから。
クーラーボックスから魚を取り出して、洗い桶に出してみると思った以上にある。一匹だけ刺身にできるくらいの23センチくらいの良型のキスがいる。

それにしても大小取り混ぜてけっこうな数なので当然一回で食べきれるわけもなく、ひとまず自分の夕食にする分をメゴチ中心に捌く。キスも5匹ばかり下ろす。
冒頭の写真のように天麩羅てんこ盛りで夕食を終え、食べ切れなかった分は翌日の弁当へ取り分けておく。
夜10時半を回ってから、映画劇場の「シルミド」を横目でチラチラ見ながら、ひたすらキスの背開きを作る。最初はノロノロやっていたが、コツを掴んでからはまるでスーパーの鮮魚売り場に並んでいるような「天麩羅にしてくださ~い。」と言っているような背開きができるようになってきた。
ジタバタ格闘すること1時間。ようやく全部下ろし終わって一息。
d0035104_12284545.jpg
d0035104_12305470.jpg
さて、こうやってやっつけたものは冷凍にしておかなきゃ悪くなってしまうので最後の気力でジップロックパックに一袋3匹×3段ずつ入れて(間にサランラップを切って挟んだので後で取り出す時に便利。)それが4袋できた。
これでようやく眠れる。生臭い台所を重曹でガシガシ洗って、生ゴミを袋に入れたところでゲームセット。死んだように眠りについたら、次の瞬間朝だった。
くたびれたけど、揚げたてのキス天の「熱いキス」は至福のひととき。単純に食べたいだけなら買えばいいんだけど、釣る楽しみは店では買えない。きっと誘いがあったら、ホイホイ二つ返事で参加するんだろう。ギャンブルやるより健全かつ経済的。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-06 12:34 | 生活ダイアリー


<< 目からウロコのメゴチの捌き方 卵を焼く・卵とつきあう >>