分かってたのに自爆です・越後湯沢駅の幕の内弁当

今、新潟に戻る最中です。特急はくたかで十日町に近づいています。
中途半端な時間ですごく空腹だったので駅弁を購入。
パサパサのカニの上にイクラが飾りみたいに乗ってるのを食べたい気にもならず、無難な幕の内弁当を買いました。値段は800円。おいしい幕の内に当たったことがないから期待はしなかったものの予想どおり褒められるようなものが何もなく、またしても「やっぱりだめか」とがっかりしてしまった次第です。
普通に炊いたご飯が普通に食べられただけ良いと思うしかない中身でした。
焼いたか蒸したか分からない脂のない鮭、場所を埋める主役は王道の割箸くらいの海老を三倍の衣で太らせた海老フライ、ロースハム半枚、玉子焼きなら許せるのに出来合いの伊達巻き、お菓子みたいに甘い筍と椎茸の煮物。ダシの旨味は皆無で味付けがただ濃いだけ。
駅弁には料理屋さんの料理に匹敵するくらいの豪華で実質もおいしいものもたくさんあるとは分かっているのですが、ビジネスで移動している時は、そんなに毎回毎回1300円前後の食事を移動中に取るほどの旅費も出ていませんから、普通のランチ程度の価格である700円前後でできれば食べたいわけです。
例えば、駅弁以外で800円のランチと言えばある程度のボリュームのものが食べられます。場合によっては小さいデザートやアイスコーヒーがつく場合もあります。
同様にコンビニやほか弁で同程度の幕の内と言えば、高くても550円くらいです。煮物も揚げ物ももうちょっと見た目のボリュームや質の点で検討してあることが伺えるのですが、それがどうして駅という特別なエリアに入ると4割高の価格になってしまうのでしょう?

もし厳選した材料でとてもそんな単価では売れないくらいのものだというのなら、それが分かるようなグラフィックデザインやこだわりの説明書などがあった方が納得いくだろうと思います。
駅弁業者さんも何の努力もされていないわけではないことをもちろん了解しているのですが、やはり買う人の心に響くものを残して商品が消費されていくことを期待するのなら、もう一歩踏み込んだ戦略があってよいのではと思わざるを得ないのです。

例えば東京駅構内のサンディーヌという売店で売っているお弁当でよく買う「赤飯弁当」というのがあります。価格は¥480と極めてリーズナブル。
d0035104_1585813.jpg
中身は硬めに蒸しあげた赤飯と天麩羅かフライが一品、煮物1品、卵焼き、ミニハンバーグや鶏の唐揚げなどが一つ、定番で鮭の塩焼きが一つ、漬物2種くらい入っています。
朝早い出張の時には朝食にちょうど良いボリュームと価格なので、東京駅から出る時にはけっこうな頻度で買っています。

リピートして買うには上に挙げたような根拠があって確実に同じものを買いますが、駅弁という通過してしまったら後でまた買うことはそう何度もないというものならば尚更のこと、強いインパクトのあるものが必要なのではないかと思うのです。
時々こちらの赴任先にやってくる妻に言わせると、「今までにおいしいと思った駅弁があまりなかったから電車に乗る前にベーカリーに寄って気に入ったおいしそうなパンを買ってきた方が安心だ。」と言います。

地方へ出張した時に駅弁の売れ具合を見ていると食事にさしかかる時間の列車であっても駅弁を購入している姿をそれほど多く見かけません。販売員の方がどうですかぁ~とちょっと情けない声で売っているような状態も多々ありました。

駅弁に割高感が伴うのは販売権利料がネックなのだろうと思います。検索してみると駅弁の販売権はJRから買うものらしいので、この権利料がおそらく高いんでしょうね。
だから、きっと銀座の一等地に商店を出すような負担がかかるために内容を落とすとかボリュームを落とすとかして低単価の弁当を販売する一方で1500円を超えるような高級駅弁も作らざるを得ない(ただし、そこそこの材料で)のでしょう。

うるさいことを多々書き連ねていますが、原価率の厳しさを察しながらも、モノによってはとてもこの売価で売るべきものではないのでは、と思われるような前述の幕の内のようなものを売り続けていると結局は妻や僕のように最初から「あてにならない」と判断して顧客層にもならない人たちを生産していることにつながるだろうと思うのです。
コストの関係で冷食を使わざるを得ないのは仕方ないことと思いますが、見た目に作る側の気持ちがこもっていることが分かるもの、丁寧な仕事がしてあるものを一品で良いから食べたい、と思ってしまうのですね。

業者さん自身が自分の首を絞めることになっていてはいかんと思うのは駅弁を食すことのある人の中で僕だけではないと思います。
もっとたくさんのサンプルを食べてみないことには何とも言えないことのようにも思いますが、概してハズレの多い駅弁。本当においしくて妥当な価格の駅弁に早く出会いたいと切望しています。
価格と内容のバランスの崩れ。これが駅構内販売という特殊な条件下で成されるために高価になり、質は今ひとつというものが続けて売られていくことがとても残念に思えるのです。
スキー場の昼飯はそういった意味では同様の特殊な制限の多い環境です。
ゲレンデで食べざるを得ないということで高くても我慢してうまくもまずくもないものを食べていたのですが、今年妙高のスキー場に行って昼食を食べた時にスキー客の減少に対抗するようにか、きちんとした質のものをそれ相応の値段で出している食堂で食べて、何か変わってきているんだなと思いました。

たかが駅弁されど駅弁。
食べることの満足は決して金額やパッケージではないと思った湯沢の弁当でした。
うるさくてすんません。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-09 19:55 | 生活ダイアリー


<< 粉末寒天、予想通り爆発的な売行き 銀座でワンコインランチ・しかも... >>