カテゴリ:生活ダイアリー( 266 )

絶品のタケノコ蒸し焼き

筍掘り全員集合!総勢20名 
先日、知人に招かれて行ったタケノコ掘り。究極の贅沢のタケノコの蒸し焼きをとうとうやっちゃいました。
この時期、孟宗竹のタケノコは豊富に出るとはいうものの、お店に並ぶ頃にはどうしても灰汁が出てしまい、糠で灰汁抜きをしないとエグミがあって食べられません。
しか~し、なのです。掘りたてならそのままでも大丈夫と聞いてたものの、試すのは初めて。
話は本当でした。
かんずりと田舎味噌と味醂を合わせて練り上げたもの、シソと黒酢と醤油を合わせた醤油ダレなどをつけて食べてみましたが、どれも絶品。
特に焼き上げて湯気がホカホカ上がっている時に手でむしって食べる姫皮はもうエクスタシーものです。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-05-17 20:10 | 生活ダイアリー

雨の潮干狩り<横浜海の公園>

d0035104_1258193.jpg5/7大潮だと聞きつけて、こりゃ行かねばとばかりに横浜の海の公園へ潮干狩りに元同僚と出かけてきました。
前日はきっちりしとしと雨降りで行くかどうかずいぶん迷ったものの、まぁ朝の天気を見て行くべと思っていたら、ほとんど雨が当たらない程度になっていたので7時半に溝の口を出発。
金沢八景には9時に到着し、目的地へ移動。
海岸はさすがに小雨降る中なのでまばらな人だったけれど、先客は腰近くまで水に浸かって奮闘中。大潮が10時なので潮干狩りができるのはあと二時間ばかりなので、海パンとビニールカッパに着替えて攻撃開始。
小指の爪くらいのサイズのアサリはけっこうあるものの、こんな稚貝を採り尽すのは論外。公園管理者も2センチ以下の貝はリリースしてくださいと言っている。
一時間半くらい奮闘したもののお椀に2杯くらいの小粒のアサリやほんのわずかバカ貝が採れたくらいで、寒くてギブアップ。

お昼ごろには薄日が射してきて晴天となり、お弁当を食べて昼寝。のんびり過ごしてきました。
途中で日テレの取材があって、この公園で15kgものアサリをごっそりと採っていった公務員がいて、公園の規則である「一人当たり最大2kg」という約束を破っているのをどう考えるかという質問。当のご本人たちは「周囲の友達やご近所に配るんだから、これくらいは必要だ。」と一切取り合わなかったというので、つくづくおバカさんな公僕がいたもんだと思う。これが横浜市の職員だったら論外。

今朝のめざましテレビを見ていたら、翌日の8日は好天に恵まれ、2万人とかの人手があったらしい。きっと1センチくらいの稚貝もすべて採り去られてしまったんだろうなと予想する。
日テレの取材記者にも話したけれど、自然に親しむというレベルと食べるために(必要性があって)採るということは別途に考える必要があって、親しむということで考えるならその時一食分くらいを採ったらそれ以上余計な分量まで欲張らないことだ、と思う。
山菜採りも同様で妙高などの山菜の豊富なところでも業者まがいの素人が大挙して押し寄せてきて根こそぎ採ってしまい、原木自体が枯れて無残な姿になっているのを見るのは実に簡単。常識外だがタラノキなんかを根こそぎ掘り取っていくバカ者もいるらしい。
この公園も自然に繁殖するに任せて潮干狩りを市民が楽しむために無料で開放しているわけだから、仇のように採りまくる業者まがいのバカたれはそれなりの負担をさせるべきだし、それすらできないのであれば、残念だけれど無料開放の潮干狩りスポットは閉鎖せざるを得ないのではないか。

有償にして、それなりにきちんと保全して使う側も使うなりの応分の労働奉仕をするくらいの形にしても良いと思う。ゴミはきちんと集積所まで持って行き、ルールに沿って上限が決められていたらそれに誰もが従うことくらい誰だってできるだろうと思うのだが、そんなことも判らん大型の欲張り子どもが世の中で「良いパパ」「アウトドア好きのご主人」なんて言われてるんなら、そんなアウトドア好きはどこに行っても、荒らすこと以外の何事もできず、最悪は子どもに「ここはタダなんだから一杯採ってくるんだぞ。」とかいらんことを教えるのがせいぜいだろう。

確かに自分にもずるいことをしたり、考えたりすることはあるけれど、一度壊したら後から取り返すのに何十年もかかるようなものまで壊しはしない。
多少の分別を持った大人が増えなきゃ、目先の利益だけしか見えない刹那的な感情を持った子どもや子ども大人がどんどん増産されていくだけだろうと思う。
収獲上限を無視するヤツや使用禁止となっている道具を使ったり、漁業権のある場所へ密漁に行くようなアウトドア派などと称するおバカさんが減らないと自分自身の手で遊べる場所をどんどん狭めて自滅するぞ。

ちなみにこの取材はニュースプラスワンで流れるかもしれません。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-05-09 12:59 | 生活ダイアリー

丹沢表尾根縦走惨敗

d0035104_14593080.jpg丹沢に出かけてきました。すごく良い天候に恵まれて景色も最高でした。
が、一日目にちょっとした拍子に膝を傷めてしまったので二日目は早々に日程を切り上げて下山ということになり、非常に残念でした。
とはいえ、手に取れるような大きさで見る富士の姿の良いことや眼下に広がる都会の夜景のきらびやかさなどとても他では味わえない景色を堪能してきました。
山頂で夜を過ごすのも考えてみたら20ン年ぶりで気持ちとしてはすごく特別な山に行ったような気分です。
コースもしっかりしていて道標も分かりやすく、眺望も利くので迷子になりにくいのは安心です。もちろん舐めてかかってはしっぺ返しを喰らいますから慎重に計画していかなければならないのは当たり前なのですが。
鈴鹿や妙高の辺りを歩いたりしていたこともありますが、アクセスの良さと歩きやすさと適度な難易度ということで考えるとファンが多いのも頷けます。
詳細はやもめ庵の「趣味の山歩き」のページに掲載しておきました。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-05-05 15:01 | 生活ダイアリー

明日は丹沢縦走

d0035104_1175722.jpg明日から明後日にかけて初めて丹沢縦走に出かけます。
去年の連休は高尾山に出かけて山復活第一弾だったのですが、今年はちょっとグレードアップして丹沢に出かけます。
当初日帰りでヤビツ峠~塔の岳~大倉尾根~大倉で行こうと思っていたのですが、いろいろな山行記録を読んでいるとけっこうな長丁場らしいので、今シーズン初の山行でもあるし、みやま山荘からの東京の夜景が抜群ということも聞いてゆっくりと日程をとって小屋泊まり山行にしました。
天気予報では明日あさっては晴れ。富士山がばっちり見えてくれると良いんですが。さて、あと数時間後に出なければならないのでこの辺で寝ます。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-05-03 01:19 | 生活ダイアリー

雪解け春景色

d0035104_15575798.jpg
出張で自宅のある新潟に戻る最中です。接続の時間が悪くてなんと40分待ち合わせ。
急いで出てきてもこれじゃ意味ないです。
スキー場はすっかり雪も溶けて春景色です。明日の仕事が終ったら長い連休。途中で用事が挟まってしまい結局休みの大半は川崎で過ごすことになりました。まぁ山支度して放浪してきましょう。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-04-27 15:57 | 生活ダイアリー

いまどきごはん出演

d0035104_1956244.jpgテレビ朝日系の日曜夕方6時からの「いまどきごはん」という番組にピックアップしていただきまして出演いたしました。
少々くたびれの見える赴任先の自宅に3人の撮影スタッフの方々がおいでになり、前日深夜までの打ち合わせと当日7時間に亘る撮影で4/24放映分の8分間の場面が完成したような次第です。
年度末で残業連発の真っ最中の撮影だったので、顔が疲れてるというのか艶がないというのかイマイチ生彩に欠ける自分の姿をブラウン管で確認する破目になってしまいました。
撮影現場を間近に見るのは初めて、自分だけを映されるのも初めてで好奇心の塊のようになっていましたが、さすがに撮影開始から4時間を経過した辺りから眠気が襲ってきてしまいました。クルーの皆様、不謹慎でごめんなさい。
撮影の途中で場面の都合上飲み始めたビールで少々良い気分になってしまったのが敗因。
一応ちゃんとしゃべるべきことはしゃべりましたから・・・・・・・

d0035104_200344.jpgいっちょまえにピンマイクなどつけていただき、ブレーカーが落ちる心配をしながら煌々と撮影用照明の真っ白な灯りを受けながら料理するのは緊張します。
なんせ「コメントどうぞ~」と言われてふっとカメラの方を見ると目の前30センチくらいのところにレンズがあって、どこを見ていいのやら視線が宙を泳いでしまいました。

d0035104_20201.jpgこれが今回作った「包丁を使わないでできるシーフードマリネ黒酢ダレ」です。
オーブントースターを使って揚げる作業を省き、脂分を摂らないようにするのがおいしい部分です。なんてことはないいつもの台所で作ったものでしたが、実際の放映で流された画像を見るとなんとまぁおいしそうに見えること。
カメラマン様の腕が良いとこうも違って見えるもんね、と自分のサイトの写真と見比べてがっかりしたような次第。一緒じゃプロが困るか。

まぁそんなこんなで深夜になってようやく撮影が終了し寝床についたのは深夜2時近く。
さすがに泥のように眠りこけて翌日は昼ごろ起床。
不自然にきれいに見えるところまで片付けた邪魔モノを部屋の元の場所に復帰するのに夜までかかって3/11の打ち合わせから始まって3/12の本番撮影、3/13の片付けと足掛け三日間のハードスケジュールは終わったのでした。
d0035104_2030572.jpgしずる感を出すように現物1発で撮るカメラマンさんの気合とか場面をいろいろと想定しながら撮影指示を出す若いディレクターさんとかプロの仕事の有様というのをじっくり見ることができて本当に良い勉強になりました。

番組の放映スケジュールをインターネットで予めお知らせしてはいけないお約束だったので直接電話やメールで連絡ができなかった方から「何で知らせない!」というお叱りのメールや連絡をいただいておりますが、私の最近の余裕のなさが原因です。ごめんなさい。
番組ホームページに当分レシピが掲載されていますので見てください。
公式サイトの自分の写真ですが、どうも縦横比が違うのか横に顔が延びててマヌケな小デブ顔になってしまっているのでちと悲しいです。(元からそう・・・・?怖い・・・・・)

その他実際の放映分が見たいという方はご近所・お知り合いでたまたま録画なさっていた方があれば、そちらへレンタルをお願いしてください。
実はうちのビデオが壊れていて録画できなかったのでございます。がっくり。

今回一番反省したのは家族写真で長男不在の4人家族になってしまったこと。(たまたま急に手元にある写真から家族がみんな映っているものと言われたらアノ4人で映っていたものしかなかったため全国的に4人家族のように思われてしまいましたが、ちゃんと立派な17歳のご長男がおるのでございます。息子ごめん。反省してる。)
何より証拠にこのブログにアップした画像を撮影したのはうちの大事なご長男ですから。
うちはれっきとした5人家族でございます。

というわけで嵐のようなテレビ出演の話はここでおしまい。♪チャンチャン♪

最後に撮影終了まで夜中も昼間もなく奔走してくださったディレクターのA・M様本当にありがとうございました。睡眠時間もなく事務所に泊り込みをしながら段取りをきっちり進めてくださったことには本当に感謝しています。心からありがとうを伝えたいです。


人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-04-25 20:30 | 生活ダイアリー