カテゴリ:生活ダイアリー( 266 )

明けましたらルミばあちゃんやんか~

d0035104_934043.jpg

皆様明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末年始のコメントをいただき、ありがとうございます。
ネット環境が今自由にならなくて、携帯投稿が先になってすみません。

なにせ日テレ見ていたら、池上のルミちゃんが出ていたもので、ビックリした次第で。

今年は、いろんな意味でうどん元年にふさわしい元旦ですな~

どんなうどんを打ってどんな人が喜んでくださるのか、楽しみです。

うどんだけに「粘り強く長いおつきあいを」なんちってナ。
[PR]
by yamomet | 2008-01-01 09:03 | 生活ダイアリー

いろいろあって買いました。

d0035104_2110813.jpgムーラン、買っちまっただよ。

カレーの野菜ペーストをミキサーで裏漉ししてて、火傷を負ってしまったので。
大きな声で言えないけど、すごく具合が良い。
おせちのきんとんを試作したけど、ホントに楽々。
これは画期的やね。ちなみにお値段は送料、代引き手数料等々すべて含めて5100円ばかり。

造りが若干ちゃっちぃのが難点ではあるけれど、素人はこれくらいでも別に問題なし。
[PR]
by yamomet | 2007-12-19 21:11 | 生活ダイアリー

原稿が来ない…

作業がストップ…思わず遊んじゃったよ。
金ちゃんきつねうどんを食べながら、原稿待ち。
その間に少しレイアウトを作ったり、テープ起しでもやっとこ。
d0035104_923755.jpg

[PR]
by yamomet | 2007-12-13 20:18 | 生活ダイアリー

鹿児島の食はステキ!

明日予定していた手打ちうどんを楽しむイベントは体調が振るわず、延期に。
今日と明日は大人しく身体を休めることにした。

先月初めに訪れた鹿児島での「レイコさんを探せ!薩摩night!」(本当にそういうツァーだったろうか?)で食べた美味しいものをようやくアップできることができる。がんばります。

ドルフィンポートにある奄美料理の「新穂花(あらほばな)鹿児島店」にて、いつもブログ上でしか知らなかったレイコさんと一緒に晩ご飯を。
d0035104_13252929.jpg「ハンダマ」という紫色の葉が入った「ゆらい鍋(もつ鍋)」
煮えてしまうとハンダマは普通に緑色になってしまうので、正体が分かりにくくなってしまいました。(笑)

d0035104_13293836.jpg甘辛い味噌味ベースの「豚足入りおでん」 これは、味噌味のスープで大根やコンニャク、豚足を炊いたもの。豚足は北部九州では焼いて塩、七味で食べ、本州では茹でて冷ましたものを酢味噌で食べるようだけれど、鹿児島、奄美、沖縄は煮物として食べるよう。
ゼラチン質のプルプルしたところがとろけるような口ざわりで美味しい。

d0035104_13322954.jpg
地鶏のたたき。コリコリした食感の皮と共にグルテンのような弾力のある地鶏の身の美味いこと!絶賛の一品。

d0035104_13334417.jpgつらんこの炙り。つらんこは豚の顔の皮(沖縄でチラガー※面皮の訛り)で、ゼラチン質だけかと思ったら、しっかりと肉がついていた。甘めの西京味噌のような地に漬けてあり、焼き上げたものは香ばしく、焼酎が進む。

d0035104_13354976.jpg
鹿児島などの産地でないとお目にかかれない半透明で透き通ったキビナゴの刺身。
確かに関東でも手に入るのは入るけれど、こんなにきれいなのにはなかなかお目にかかったことがない。

d0035104_13372227.jpg黒糖焼酎「里の曙」を何杯かもらってちょっといい気分になってきたあたりで、レイコさんが「ぜひ本場の鶏飯(けいはん)を」と注文をしてくださった。
字を見れば、炊き込みご飯のようだが、白飯の上に裂いた茹で鶏、アオサ、錦糸卵、シイタケの甘煮、みかんの皮、クコ、もみのり、青パパイヤの漬物などを各自好みの分量でのせて、透明な鶏スープをかけていただくというお料理。
d0035104_1341285.jpgいや、この何が美味しいかというと丸鶏を使った透明な金色のスープの美味さがどう表して良いのか困るくらいおいしい。
コクはあるのだが、ものすごくあっさりしていてこのスープだけ大ジョッキで飲み干せるかもしれん。(ウソ!) 
d0035104_13501863.jpgみかんの皮の香りも全体を引き締めて、さんざん飲み食いした後であったにも関わらず、最後の一滴までおいしくいただいた。

博多も食べ物に関してはいろいろなものがあるのだが、鹿児島はより南にあるということからか畜産物も豊富、野菜も北部九州ではお目にかからないようなものも多い。
この日は11月とは言いながらも、とても暖かい日だったのでテラス席で夜風に吹かれながら、美味しいものをたくさんいただいているとまるで初夏の夜を開放的な自然の中で食事を楽しんでいるような気持ちになった。

真っ暗な中に鎮座し、シルエットが見える桜島。
10分おきくらいに行き来している桜島フェリー。
鹿児島到着の第一夜は過ぎていった。
[PR]
by yamomet | 2007-12-08 13:48 | 生活ダイアリー

高松駅前・クリスマスイルミネーション

半年ぶりに訪れた高松駅前は華やかなクリスマスムード一色。
d0035104_914423.jpg

d0035104_8551052.jpg

やっぱ香川は「美味しく楽しく優しく」の美・楽・優です。
画像は山下の芝海老かき揚げのせうどん。
このボリュームでサクサク食感のかき揚げを楽しめて¥220というのはあまりに凄い!
d0035104_8585939.jpg

帰りの高速バスではちょっと不愉快なことがあったものの、無事に帰ってきたのでまぁ良いか。

12/5朝、神奈川に戻って来た翌日から、あまりくたびれないメニューで欠食児童救済を開始。
簡単に唐揚げ丼と特のり弁当。
バンコクなら81バーツ64サタン、インドなら105ルピー56パイサ。
d0035104_911952.jpg

d0035104_913686.jpg

[PR]
by yamomet | 2007-12-07 06:30 | 生活ダイアリー

鹿児島へ移動

d0035104_1764810.jpg
休暇村志賀島を出て、市営志賀島渡船で博多港に戻りました。
小春日和の気持ちの良い日で、この日はデッキに出て、博多湾の風を受けながら、気持ちよく博多まで約30分の小さな船旅。
対岸に見える福岡ドーム、きらきら光る水面。

d0035104_17122246.jpg
子どもたちと天神のラーメン屋で食事を済ませることになり、ほとんどあてずっぽうでラーメン屋を探します。(博多を離れてもう28年になるので、どの店がおいしいかなんてわかりゃしない!)
空港から乗ったタクシーのドライバーさんと一風堂はイマイチ好きになれん、というところで、意見が一致していたのもあったけれど、一応、娘たちは有名店と言われるところに連れて行った方が良さそうな気がしたので、一風堂の新天町支店に行ってみました。
が、長蛇の列だったので諦めて、その先に偶然あった長寿ラーメンなる店へ。
まだ提灯に灯りが入っていなかったので開店前のようではあったけれど、開店時間とされている時間まであと10分程度だったので、入らせてもらったところ、おいちゃんがテーブルに突っ伏して寝ていましたよ。当然、起こしました。ガンバレ!おっさん!

だいぶ待ってようやくラーメンが登場。
今風に脂を少なめであっさり豚骨。ちょっとパンチに欠ける気はするけど、これはこれなりにおいしかったです。ただ、ネギが真っ青の硬いところを刻んできたのには閉口。
これはいかんぜ!

子どもたちを地下鉄で送り出したあと、天神バスセンターで鹿児島行きの高速バスのチケットを買い、便の予約をするとなんと!空席全くなし。最終便まで空きがないというので、仕方なく新幹線で鹿児島に向かうことに決定。

リレーつばめ号、九州新幹線つばめに乗り換えて、鹿児島へ。
d0035104_17162973.jpg
この新しい車両には、感動しました。
柔らかな木の質感を生かした座席は、ゆったりとしていて気持ちがほぐれます。
社内の色合いも木の色を基調にしているので何か目に優しいのです。

d0035104_1718124.jpgテーブルは座席の間にある肘掛を開けると、2つ分が収納されていて、それを引っ張り出すとこんな感じ。強度もあり、しっとりした手触り。わずか一時間半足らず乗るだけにしてはもったいないくらいの上質な感じ。
d0035104_17202062.jpg心地よさに思わず寝てしまい、気がつくと鹿児島中央駅に到着。速い!
ちなみに女房はこういう写真を撮る時には、表情が強ばり、怖い顔になりますが、この時もニコチャンマークの下には緊張した表情のおかあちゃんがおります。(笑)

d0035104_17222333.jpg久しぶりに乗る市電。色とりどりの車体は全国各地からここに車体が集まっているということなんでしょうね。

d0035104_17224040.jpg車内は適当に狭くて、子どもの頃の博多の市電を思い出しました。向かうは鹿児島駅。
レイコさんとのコンタクトは鹿児島駅の予定なので、しばし時間つぶしも兼ねて、鹿児島駅付近でブラブラしてようかと。

桟橋入り口の駅で市電を降りて、テクテク歩いて桜島フェリーの発着場のある場所へ向かいました。目の前にはどーんと桜島。30年ぶりの鹿児島です。
d0035104_1732196.jpg
あぁ~鹿児島まで来たんだなぁ、というのがこの風景で一気に現実味を帯びたものとして感じられました。中学校の修学旅行以来なんですから、街の変貌ぶりにもビックリ!
日が落ちるまで移動でくたびれたのもあって、お茶を飲める場所をEZナビウォークで検索して移動。またしてもテクテク、ガラガラとトランクを引っ張って歩いていると、ひときわ明るいショッピングスポットが目に入りました。

ドルフィンポート…お土産、レストランなどが集まったまだ新しい施設です。
ここでお茶を飲んでレイコさんとのコンタクトを待ちます。
さてさて、今宵は何が楽しめるのか、楽しみ楽しみ。
[PR]
by yamomet | 2007-11-18 17:28 | 生活ダイアリー

博多港・太陽がいっぱい

d0035104_12342982.jpg

d0035104_12344378.jpg


あぁいい気持ち…
[PR]
by yamomet | 2007-11-17 12:35 | 生活ダイアリー

博多・家族・縁

10/27、半年前から言われていた親の80歳の祝いのために早朝、川崎を出て羽田に向かいました。娘と息子二人を連れて、眠い目をこすりながらの移動。
夜行バスで池袋に着いた女房と長女が始発で羽田まで移動。空港のスカイマークのカウンター前で待っており、家族5人無事に羽田で合流。

席の予約の関係で、先発は僕ら三人、後発が女房たち二人。
福岡空港で10:30に合流し、実家に向かい、その足で今日の会場である志賀島へ。

d0035104_912610.jpg今回のメイン行事は、姪っ子が奔走して作ってくれた僕ら兄弟4人とその子どもたちの写真を一枚のDVDにスライドショートしてまとめてくれたものを贈呈すること、両親自身も見たことがない誕生日の新聞をプレゼントすることでした。


d0035104_9161373.jpg昭和2年当時、西日本新聞は「福岡日日新聞」。
段組にしてはあるものの、一部にはレ点が打ってあるところがあったり、本文の中で強調したいところがあったら太字にして活字のサイズが大きめにしてあるなど、時代を感じさせるその紙面は両親にしても初めて目にするもので驚いたことでしょう。
DVDのスライドショーは、僕らも見たことがない写真が次々と展開し、懐かしく胸がきゅっとなるような思いがしました。忙しい中、延べ20人の兄弟、従兄弟に声をかけて写真を集め、編集してくれた姪っ子のエリちゃんには本当に感謝。

大病を何度も患いながら、命拾いをしてきた父親と貧乏しながら子どもを育ててきた母親。
この二人のDNAは確実にそれぞれの子どもに受け継がれ、次のステージに向かってそれぞれの人生を歩んでいることを確認できた一夜。
兄弟間でも集まる機会がなくなっているので、こういうことでもない限り、全員が集合することはめったにないというのか、できないことになっている昨今。

長姉が「みんなで集まったら、楽しかろうね~。」と言って始めたこの一夜の祝宴で、十何年ぶりに会った甥っ子や姪っ子たち。
甥姪同士で再会の機会を相談している姿を見ると、やはり人は会える時には会っておきたいものだとつくづく思いました。
いろいろとお金の事情や時間の都合はあれど、大事だと思える人にはまず足を運んで会う、ということが何よりも大事なんだと思います。

それと、そうやって会いに行きたい人になっていたい、ということも思いました。
都合で後回しにされない、大事な人になれてたら良いですね。

d0035104_9222015.jpg宴の締めは、博多ですから「祝いめでた」。これは長男である兄貴の仕事。立派な締めでした。多謝。
[PR]
by yamomet | 2007-11-17 09:27 | 生活ダイアリー

博多~鹿児島~新潟…長距離移動+イベントの日々

風邪でTKOを喰らって、ダウンしている間、皆さんにご心配をおかけしました。
ナントカ復帰したものの、鼻水と咳がひどくて、タンも絡んだりしてまだ完治していません。

今年の風邪はしつこいですね。
なんと言ってもしつっこい性格の自分までかかってしまうくらいですから。(笑)

さて、風邪を引く前後のスケジュールが超過密でした。
博多に月末に出かけて、その足でそのまま鹿児島に行き、レイコさんとオフ会。
鹿児島から神奈川に戻ったら、ほぼノンストップで行事やら研修やらが山積状態。
それが終わったら、風邪を引いてダウンし、二日間ほど会社で仕事をしたかな、と思ったら今度は新潟出張。
出張業務とつないで休暇をもらっていたので、その間に上越市内でうどんイベントをやって、それを終わらせてようやく今日落着いてアパートでパソコンに向かうことができました。
決して仕事ばかりで忙しかったわけではないですが、いずれにしても落着いていられる時間も気持ちの余裕もなくていけませんね。

薩摩おごじょのレイコさんには鹿児島滞在中にとてもお世話になり、お礼の意味もこめて鹿児島旅行中のこともアップしたいところなんですが、今日は一応生存報告ということでこの辺で。
[PR]
by yamomet | 2007-11-12 23:41 | 生活ダイアリー

ノックアウト!

d0035104_10175466.jpg

あろうことか風邪で欠勤…

こっちに来て初めて。鬼の攪乱か単なる体力の低下か…

ノドがガラガラしよる。医者から薬貰おう。
[PR]
by yamomet | 2007-11-05 10:17 | 生活ダイアリー