<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

粉末寒天のこと忘れてた

うっかりしてた。今週末から博多に帰るので深夜残業してたけど、よく考えたら今日の夜、楽天市場で買った粉末寒天が届くんだった。
わざわざ時間指定してたのにすっかり忘れてた。いつも宅配便の人に再配達させてるんで悪いことを繰り返してしまった。

ちょっと体調が優れなくて、先々週から食欲が今ひとつで最近体重計に乗ってみたら、マイナス3kg。そう、ムダに酒呑んだり、ダラダラと酒の肴を食べたりしてなけりゃこれくらいは簡単に体重が落ちるという良い証拠。
残業の夜食もカップラーメンとおにぎりという定番の組み合わせもほとんど口にしなくなり、最近はお腹一杯になって栄養もある豆腐とおにぎりで朝までお腹が持つのでちっとは体重にも関係してそうだ。

このところずっと見ることのなかった60キロ台に入り(フィットネスに通っていても60キロ台に乗ったのは瞬間的に1週だけだったから画期的)、ひょっとしたら標準体重に戻せるかも、と妙に気分が乗ってきた。
そこでやってくる粉末寒天を摂りつつ、基礎体力が落ちなければ万事OKということになる。ひとまずウチに帰って再配達の手続きしなければ・・・・・・・・あ~とは言いながら、あと数時間で朝がやってくる。はよ帰ろう。まだ、ムシムシ暑いぞ、この時間でも。
事務所のエアコン、日中は不調、深夜は恐ろしく効く。エアコンも早や夏バテか。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-29 02:47 | 生活ダイアリー

オムライス弁当

d0035104_12512564.jpg今日はお一人様ご注文でオムライス弁当。
実は昨日買い物に行っている時間がなくて、手元にある材料だけで作らなくてはならなくて、ストックのシーチキンを使ってし~チキンライスでオムライスに。
おかずは、メークイーンと新たまねぎとあらびきウィンナーをホワイトシチューの素で固めに仕上げてとろけるチーズスライスを乗せた簡単ポテトグラタン。
あとはきんぴらとシューマイ2個。
なんだか野菜ものが少ないような気がしたのでサンチュとありあわせの野菜でサラダをつけて、更におまけに杏仁豆腐ゼリーでフィニッシュ。
作るための時間自体は大してかからなかったけれども、これはボリュームあったぞ。
ほとんど同じものを作ったので自分の昼ごはんも同じメニューだったけれど、けっこう後半はお腹一杯でした。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-27 16:41 | ごはん・ランチ

蒸し鶏の旨み酢ゼリー仕立て

d0035104_23543467.jpg仲間と集まった時に蒸し鶏を作って、調味ダレを上からかけて出そうかと思ったが、愛想ないので味覇を溶いたものに酢、薄口醤油を加えてゼラチンで固めてから、蒸し鶏の上にかけて出してみたら好評だった。ゼリーはフォークの背で荒く潰して、博多万能葱を刻んで混ぜてから出したので彩り的にもオッケー。
たまにはこういう手の込んだこともやるということなのだ。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-19 23:54 | ごはん・ランチ

ガイ・パッ・バイ・カパオのようななんちゃってメニュー

d0035104_23485485.jpg川崎のチッタデッラでお昼を食べた時、TUKTUKというお店のガイ・パッ・バイ・カパオがおいしかったのでマネこいて作ってみたもの。(とにかく覚えられない名前だこと)
雰囲気は似てるが、味は似てなかったなぁ。でも、けっこう野菜も食べられるし、半熟気味の目玉焼きを崩し混ぜ合わせて食べるのが旨い。
チャーハンでもビビンバでもないところがいいなぁとけっこうお気に入りになったメニュー。

鶏肉を細切れにしてパプリカ、茄子と一緒に炒めて、辛み付けには豆板醤を使い、オイスターソースと薄口醤油少々で味付けをしたもの。調味料が中華モノばっかりだったのでエスニックと言うよりは中華になってしまっているが、まぁそりゃそれで旨かったんだから目をつぶろう。
これを作った時は目玉焼きをトロトロの状態にしそこなって、ちょっと期待はずれだったものの後ほど再度作った時にはうまく行った。

材料を全部同じものにして、最初から全部炒めてしまったら、味付けは同じでも全然別物の料理になってしまう辺りが料理の不思議さ。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-19 23:48 | ごはん・ランチ

おまけにつられて買っちゃったモノ

d0035104_23395348.jpg先日、スーパーに行ったらミニチキンラーメンの箱入りがあった。
チキラーのキャラクターの陶器製フタ付きマグとミニチキンラーメン3食が箱に入ったもので値段が176円。こりゃマグを買うより安いや、と思って衝動買い。なんていっても可愛いんですもん。
別にチキンラーメンが食べたいわけだったんじゃなくて、商品キャラクターがついたちゃんとしたマグが安いなぁと思って買った次第。
可愛い可愛い小さなチキンラーメンがピッタリ1個入って、お湯を8分目にするとちょうど良い塩加減になるんで、お弁当の味噌汁代わりにミニチキンラーメンを食べる時にはとても便利かも。

おまけにつられてと言えば、もうかれこれ30年以上前の話だけれど、仮面ライダースナックのカードが人気で、レアカードを欲しいがために裕福な家庭の子はお小遣いでスナックをたくさん買い込み、カードを取ったら子分たちにお菓子本体はくれてやるなどというプチブルジョアな行為が問題になり、PTAでもめたことを思い出した。
そう言えば、お茶のペットボトルについているマスコットを全部集めるといって、飲めない本数のお茶を買い続けている人も会社でいたなぁとかついつい思い出してしまった。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-19 23:40 | ごはん・ランチ

粉末寒天、予想通り爆発的な売行き

今日のあるある大辞典見ましたか?
身近にある寒天がダイエットと基礎代謝アップに貢献、というネタです。
ちょうど妻が読んでいた女性雑誌に「寒天茶」が空腹感を満たし、かつ糖の吸収を遅くしてくれるのでダイエットには効果的という記事を読んだ後で、何の気なしに人畜無害な寒天がそんなに良いんだったら買っておこうと思って楽天市場の某店で購入したのですが、その夜の番組で寒天の特集をやっているとは露知らず、ついついはまって最後まで見てしまいました。
今までの運動が必要だったり、何か継続的にやるには気合が必要だったり、というものではなくて普通の食生活に組み入れて、血糖値やコレステロールが下がるんなら言うことないじゃん、と思い、最近の体調不良を考えてちょっとワクワクしながら荷物待ちの状態です。

先ほど購入したWEB店舗の共同購入履歴を見たら、業務用粉末寒天の1kgパック(一日2g×3=6g使うとして166日分)が最新の100件が22:52~00:18のわずか約1時間半ばかりの間に売れています。恐るべしテレビの力です。
多分、明日はスーパーの棚から棒寒天、糸寒天の類が全部売り切れていることでしょう。
いかに食い物をセーブせずにダイエットしたい人が多いかを物語る現象ですね。
一時間あたり約70袋(70kg)が売れていることになるので、このペースがが放送終了後から始まって深夜寝静まる2時までと明日、月曜日の休憩時間のアクセスなども含めて仮に終日8時間続いたとしたら、合計12時間で840袋。単価が約4000円ですから、掛け算すると336万の売り上げということになります。
実際には事前に番組情報を見て、先行して買いに走っている人も多かったようなので、多分この計算以上の売り上げになっていることでしょう。
寒天製造メーカーは番組様様ですね。

効能を××大学研究室××教授なんて人が検査結果に対してのコメントを含めて理論的に説明してくれるともう絶対凄い効果だと思って飛びつきたくなるのが成人病予備軍の僕です。
踊らされているのかもとも思いつつも、無理やり脂肪を全部外に排出してしまう○○ズというようなダイエット食品などは高くて一度購入しても続けては買わないだろうな、と思うし、食生活を基本から見直して食材そのものを選びながらバランス良く仕切り直すには、強固な意志と段取りが必要で1人暮らしにはあまり向かないのですね。

今回の番組はそういった意味で寒天ばかりを食べて、何らかの効果を上げたということではなくて、食生活はあまりいじらなくても効果的だったという見せ方をしたのは実際に自分も気持ちが動きましたし、お茶に溶かして飲むくらいならどこででもできるな、とけっこう確信を持った部分もありました。
まぁこれからどういった風になるのか、ひとまず1ヶ月、番組の煽りに乗って粉末寒天を茶に溶かして飲んでみます。

この間、献血に行って総コレステロールが基準値をオーバーしていたことや別の用件で医師のところに取材に行った時についでに血液検査してもらって「あ~たま君は総体重をせめてあと5kgは落とさないとまずいね~、BMI値も26になっちゃってるしねぇ。」と言われたこともあり、ちょっと反省しているところだったので、ちょうど良い機会なのかもしれません。
無事に予定体重になるものかどうか、適当にこのブログで報告します。
そうこの一週間ばかり、ほとんどアルコール類を口にしていないのです。自分にとっては画期的な出来事であります。
呑まなくてもそんなに苦しくないことも分かって、酔うまで呑まなくても平気なのかも自分、と思いました。無事にやもめ庵@たまの我慢しないダイエットが効果あるかどうかお楽しみに。


人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-13 00:44 | 生活ダイアリー

分かってたのに自爆です・越後湯沢駅の幕の内弁当

今、新潟に戻る最中です。特急はくたかで十日町に近づいています。
中途半端な時間ですごく空腹だったので駅弁を購入。
パサパサのカニの上にイクラが飾りみたいに乗ってるのを食べたい気にもならず、無難な幕の内弁当を買いました。値段は800円。おいしい幕の内に当たったことがないから期待はしなかったものの予想どおり褒められるようなものが何もなく、またしても「やっぱりだめか」とがっかりしてしまった次第です。
普通に炊いたご飯が普通に食べられただけ良いと思うしかない中身でした。
焼いたか蒸したか分からない脂のない鮭、場所を埋める主役は王道の割箸くらいの海老を三倍の衣で太らせた海老フライ、ロースハム半枚、玉子焼きなら許せるのに出来合いの伊達巻き、お菓子みたいに甘い筍と椎茸の煮物。ダシの旨味は皆無で味付けがただ濃いだけ。
駅弁には料理屋さんの料理に匹敵するくらいの豪華で実質もおいしいものもたくさんあるとは分かっているのですが、ビジネスで移動している時は、そんなに毎回毎回1300円前後の食事を移動中に取るほどの旅費も出ていませんから、普通のランチ程度の価格である700円前後でできれば食べたいわけです。
例えば、駅弁以外で800円のランチと言えばある程度のボリュームのものが食べられます。場合によっては小さいデザートやアイスコーヒーがつく場合もあります。
同様にコンビニやほか弁で同程度の幕の内と言えば、高くても550円くらいです。煮物も揚げ物ももうちょっと見た目のボリュームや質の点で検討してあることが伺えるのですが、それがどうして駅という特別なエリアに入ると4割高の価格になってしまうのでしょう?

もし厳選した材料でとてもそんな単価では売れないくらいのものだというのなら、それが分かるようなグラフィックデザインやこだわりの説明書などがあった方が納得いくだろうと思います。
駅弁業者さんも何の努力もされていないわけではないことをもちろん了解しているのですが、やはり買う人の心に響くものを残して商品が消費されていくことを期待するのなら、もう一歩踏み込んだ戦略があってよいのではと思わざるを得ないのです。

例えば東京駅構内のサンディーヌという売店で売っているお弁当でよく買う「赤飯弁当」というのがあります。価格は¥480と極めてリーズナブル。
d0035104_1585813.jpg
中身は硬めに蒸しあげた赤飯と天麩羅かフライが一品、煮物1品、卵焼き、ミニハンバーグや鶏の唐揚げなどが一つ、定番で鮭の塩焼きが一つ、漬物2種くらい入っています。
朝早い出張の時には朝食にちょうど良いボリュームと価格なので、東京駅から出る時にはけっこうな頻度で買っています。

リピートして買うには上に挙げたような根拠があって確実に同じものを買いますが、駅弁という通過してしまったら後でまた買うことはそう何度もないというものならば尚更のこと、強いインパクトのあるものが必要なのではないかと思うのです。
時々こちらの赴任先にやってくる妻に言わせると、「今までにおいしいと思った駅弁があまりなかったから電車に乗る前にベーカリーに寄って気に入ったおいしそうなパンを買ってきた方が安心だ。」と言います。

地方へ出張した時に駅弁の売れ具合を見ていると食事にさしかかる時間の列車であっても駅弁を購入している姿をそれほど多く見かけません。販売員の方がどうですかぁ~とちょっと情けない声で売っているような状態も多々ありました。

駅弁に割高感が伴うのは販売権利料がネックなのだろうと思います。検索してみると駅弁の販売権はJRから買うものらしいので、この権利料がおそらく高いんでしょうね。
だから、きっと銀座の一等地に商店を出すような負担がかかるために内容を落とすとかボリュームを落とすとかして低単価の弁当を販売する一方で1500円を超えるような高級駅弁も作らざるを得ない(ただし、そこそこの材料で)のでしょう。

うるさいことを多々書き連ねていますが、原価率の厳しさを察しながらも、モノによってはとてもこの売価で売るべきものではないのでは、と思われるような前述の幕の内のようなものを売り続けていると結局は妻や僕のように最初から「あてにならない」と判断して顧客層にもならない人たちを生産していることにつながるだろうと思うのです。
コストの関係で冷食を使わざるを得ないのは仕方ないことと思いますが、見た目に作る側の気持ちがこもっていることが分かるもの、丁寧な仕事がしてあるものを一品で良いから食べたい、と思ってしまうのですね。

業者さん自身が自分の首を絞めることになっていてはいかんと思うのは駅弁を食すことのある人の中で僕だけではないと思います。
もっとたくさんのサンプルを食べてみないことには何とも言えないことのようにも思いますが、概してハズレの多い駅弁。本当においしくて妥当な価格の駅弁に早く出会いたいと切望しています。
価格と内容のバランスの崩れ。これが駅構内販売という特殊な条件下で成されるために高価になり、質は今ひとつというものが続けて売られていくことがとても残念に思えるのです。
スキー場の昼飯はそういった意味では同様の特殊な制限の多い環境です。
ゲレンデで食べざるを得ないということで高くても我慢してうまくもまずくもないものを食べていたのですが、今年妙高のスキー場に行って昼食を食べた時にスキー客の減少に対抗するようにか、きちんとした質のものをそれ相応の値段で出している食堂で食べて、何か変わってきているんだなと思いました。

たかが駅弁されど駅弁。
食べることの満足は決して金額やパッケージではないと思った湯沢の弁当でした。
うるさくてすんません。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-09 19:55 | 生活ダイアリー

銀座でワンコインランチ・しかもおかわり自由で満腹

d0035104_135722.jpg
今日は銀座でちょうど昼ごはんタイムです。銀座のランチは高くてなかなか入りにくいところが多い中で、さくら水産の日替わり定食は安くてまぁまぁなので庶民のパパさん達で満員。
500円でご飯お代わりサービスというのはたまにありますが、ご飯に味噌汁、生卵、海苔、ふりかけまで自由というのはそれほどたくさんは見掛けないです。
オカズは揚げ物だったり、焼き魚だったり、煮魚だったりでそれなりの満足できます。今日はアジ、サヨリ、メンチカツのフライ盛り合わせでした。
刺身系か火を通したオカズ系か選べるのは親切です。ただし、刺身はホントに刺身だけなので見てこけないようにしてください。ちなみに今日はカツオの刺身。8切れくらい乗ってたでしょうか。
日替わりの他にも定番の鯖味噌定食、マグロの中落ち定食、刺身盛り合わせ定食なんかもあるのでお昼をヘルシーにお魚でご飯を食べたい人には安くて良いかもしれません。
ご飯は軽くお代わりして大体卵かけご飯にしてふりかけ掛けて食べると腹イッパイ!
ご飯と卵と味噌汁ですでに定食だと思います。

夜は格安の居酒屋でこちらが本領。一番安いつまみはピリ辛こんにゃく¥50、魚肉ソーセージ¥50、塩辛¥100、たこわさび¥180(価格は全て税別)などもあってチビチビ愚痴を言いながら小遣いを気にしながら呑まなきゃいけない時にはこういうところが近くにあると良いでしょうね。八王子のさくら水産に山の帰りに寄ったことがありますが、肴よりもビール代が遥かに上回ってましたが、ビックリするような会計にはならなくて安かった覚えがあります。

さて、そろそろ駅に着くのでこの辺で。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-07 13:05 | ごはん・ランチ

目からウロコのメゴチの捌き方

白ギスと一緒に釣れるメゴチはヌルヌルしていて身体は平べったくて見てくれは正直悪い!
ナマズの仲間みたいなツラしてますが、食べるとまいう~な白身魚。天麩羅屋で食べたことはあるけど実際に捌いたことがなくて、昨日の釣り大会の帰りに「困った困った」と呟いていたら、社長さん直伝のメゴチの簡単なやっつけ方をご教授いただきました。この開き方は管理人にとって目からウロコの開き方でした。
ちゃんと釣った魚を捌ける人にとっては当たり前の技なのでしょうが、感動したので順番に公開。もし、開き方を知らない人はチャレンジしてみる価値あり。

d0035104_19565022.jpg
<前準備>
この平らな顔した子がメゴチ。まずいツラの奴ほどウマイ!カサゴ然りアンコウ然り。やたらとヌルヌルして滑るので、荒塩をぶっかけて身体の表面の体液を優しく揉むようにしてしばらく洗ったら、粘液を水で綺麗に洗い流す。これでだいぶ滑らないはず。

d0035104_19562919.jpg
<ラウンド1>
背びれをちょっと持ち上げ気味にして水平に背びれを切る。師匠曰く「けちけちこそげようとしないでちょっと多めに切り取るつもりで。」だそうだ。包丁はよく切れるのを使いましょう。
d0035104_1959438.jpg

こんな感じで平らに背びれを切り取りますが、完全に切り離さないようにと教えられました。
くっつけとけば頭と一緒にまとめて一回でゴミにできるからですね。

<ラウンド2>
d0035104_2015481.jpg

首の付け根の辺りまで包丁を進めたら、そこで刃を直角に立てて背骨を切ります。普通ならここで頭全体を落としたくなりますが、これを落としては元も子もありません。皮一枚残しておきます。絶対皮一枚残してくださいね。あとで大事な仕事が待っていますから。ここがミソ!試験に出るからちゃんと暗記しておくように。

<ラウンド3>
d0035104_2044825.jpg

今度は背びれ側が下になるように魚を裏返しにします。頭を利き手側にしてください。逆はものすごくやりにくいです。さて、皮一枚でつながっている頭を左手できゅっと上に持つとワタが出てきますので、これは包丁の刃先で出します。ごく僅かしかワタがありませんので怖くないですよ。ワタを出したら、身の端っこ(背骨の真上)を包丁の根元でしっかり押さえたら、左手に力を入れてまな板と水平にギューッとゆっくり頭を引っ張ります。
すると靴下を脱ぐみたいに皮がツルツルっと剥けてきます。けっこうしっかり押さえてないと滑りますからご注意を。
d0035104_2010304.jpg

これが皮を剥き終わった完成図。ここから中骨を落とします。

<ラウンド4>
d0035104_20112033.jpg

中骨に沿って左右に包丁を入れて中骨だけが残るように全体を三つに切り分けます。
d0035104_2012401.jpg

三つに分かれている真ん中の中骨を尻尾の付け根のあたりで切り落とし、メゴチの解体作業は完了。あとは衣をつけてさっと天麩羅にしてアツアツのところをいただいてください。

天つゆもいいですが、抹茶塩なんかもおいしいですよ。あ~天茶も良いかなぁ。
メゴチは10センチくらいのものでもけっこう上手に開けるものなので面倒がらずにやってみると良いです。それ以下の小さいものはやっぱりリリースサイズですかね。
ただ、メゴチは思いっきり奥まで餌を飲み込んでしまっていることもあるので、その時はリリースしても死んでしまいますから、本人に「本当にアワセが遅くてごめんなさい。」と謝ってちょっと反省してから開いて食っちゃってください。

★参考までに中村孝明先生による天つゆの割合★
二番出汁 240cc
薄口醤油 60cc
みりん 60cc
昆布 3g
かつおぶし 20g(追いカツオ用)

追いカツオ以外の材料を全部鍋に入れて中火にかけて軽く沸騰したらすぐ火を止めて、かつおぶしを加え、2~3分置いてから布巾で濾す。

参考文献:和食の基本

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-06 20:30 | ごはん・ランチ

熱いキス

怪しい話題ではございません。熱いキス天を堪能した話。
d0035104_1273895.jpg
昨日、茅ヶ崎沖で仕立て船に乗ってキス釣り。取引先さんの福利厚生行事に参加させていただいたという次第で、好天に恵まれベタ凪の相模湾で魚と勝負の一日。
いつも仲間に誘われて船を仕立ててアジやらキスやら狙いに行っても、なんでかタイミングが悪くて悪天候だったり、天気が良くても潮の加減か船に乗り合わせた全員がほぼボウズ状態だったりするため、今回もどうしたもんか悩んだ挙句、「今回で外れたら船釣りはしない!」とかけっこう大げさな決心をして参加。
なんせ一匹2000円の小アジなんてことになってしまっていたので経済的にも勇気のいる決断なのである。

前日が雨に雷とかなりの荒れ模様だったので、またしても・・・・という思いに駆られつつ早朝5時に会社の先輩に拾ってもらって茅ヶ崎へ。
ややうす曇ではあるけれど、晴れ。日が高くなるにつれて徐々に晴天に。

6時20分に茅ヶ崎港を出港して烏帽子岩の先で竿を下ろす。
下ろして数分たたないうちにガツンというアタリが来て、巻き上げると12~13センチくらいのメゴチ。
これは天麩羅にするとキスより旨い魚。続けて二投、三投と一箇釣りこそないものの、メゴチとキスが1:2くらいの割合でヒットが続く。アタリを取り損なって逃がした魚も多い。
隣で釣っている主催者である社長さんは一箇釣り連発でスタートしてから2時間ばかりで30匹を超えている。
午前11時近くなってきてピタッと食いが止まり、その後は忘れた頃に釣れるくらいになっていって結局午後はメゴチとキスとヒイラギと合わせて10匹釣れた程度で納竿。
同じ側の隣の席で釣っていた主催の社長さんは午後に入っても順調に釣果を伸ばし、こちらがまったくアタリもカスリもしなくなっても、ヒットがある。明らかに腕とキャリアの差をいやでも見せ付けられる。
結果は白ギス34匹、メゴチ11匹、ヒイラギ4匹と地味な数字ながらも自分の船釣り史上では最高の釣果。年に一回しか行かないんだから、これは自分にとってスゴイ結果でご満悦で帰宅。本日のトップ賞は前述の社長さんで楽勝で50匹オーバーのキスに加えてメゴチ多数、おまけでタコなども釣りダントツの優勝である。
「帰ってから捌くのは俺だから大変なんだよなぁ、こんなに釣れちゃうと。」と言いながらもホックホクの笑顔である。
この釣り大会の過去の実績の中でも平均して今日のように釣れたのは初めてのことだったらしい。

d0035104_12212146.jpgこの日は平均25匹前後だったのでみんなニコニコ上機嫌で解散していった。
さて、問題は帰ってから。
クーラーボックスから魚を取り出して、洗い桶に出してみると思った以上にある。一匹だけ刺身にできるくらいの23センチくらいの良型のキスがいる。

それにしても大小取り混ぜてけっこうな数なので当然一回で食べきれるわけもなく、ひとまず自分の夕食にする分をメゴチ中心に捌く。キスも5匹ばかり下ろす。
冒頭の写真のように天麩羅てんこ盛りで夕食を終え、食べ切れなかった分は翌日の弁当へ取り分けておく。
夜10時半を回ってから、映画劇場の「シルミド」を横目でチラチラ見ながら、ひたすらキスの背開きを作る。最初はノロノロやっていたが、コツを掴んでからはまるでスーパーの鮮魚売り場に並んでいるような「天麩羅にしてくださ~い。」と言っているような背開きができるようになってきた。
ジタバタ格闘すること1時間。ようやく全部下ろし終わって一息。
d0035104_12284545.jpg
d0035104_12305470.jpg
さて、こうやってやっつけたものは冷凍にしておかなきゃ悪くなってしまうので最後の気力でジップロックパックに一袋3匹×3段ずつ入れて(間にサランラップを切って挟んだので後で取り出す時に便利。)それが4袋できた。
これでようやく眠れる。生臭い台所を重曹でガシガシ洗って、生ゴミを袋に入れたところでゲームセット。死んだように眠りについたら、次の瞬間朝だった。
くたびれたけど、揚げたてのキス天の「熱いキス」は至福のひととき。単純に食べたいだけなら買えばいいんだけど、釣る楽しみは店では買えない。きっと誘いがあったら、ホイホイ二つ返事で参加するんだろう。ギャンブルやるより健全かつ経済的。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-06-06 12:34 | 生活ダイアリー