<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

黒部の美しき湧水の町・生地

富山へ家族旅行へ出かけてきました。今年は末っ子が高校三年なので家族が一緒に行動できる最後の年だろうということで旅行を妻が計画したわけです。
宿を手配する幹事は次女、レンタカーのミニバンの手配は長女、資金手配は妻というように適切な役割分担でかくいう僕は運転手。
寄り道をしながら初日は福光へ行き、割烹旅館で宿泊。昭和レトロをイメージしてというよりもそのまま古いものが残っている松風園という旅館では丁寧なお料理とおいしいお酒を満喫しました。宿の詳しい話はまた次の投稿ということで(書き出すと写真もたくさんあるし、文章も長くなってしまうので)今日は立山から地下深く潜って海岸端の町に豊富に湧いている清水の里「生地」のことを少し。
d0035104_234979.jpg生地は黒部の扇状地の最も海側の町で静かな漁師町です。左の写真は中島の清水と呼ばれるところで地下から直接地面に湧き出している水のまさに湧き上がった瞬間の波紋です。透明な水にきれいな水ゴケ。濁りのかけらも感じられない水です。
この特に何の変哲もない町を歩くと2~3分に1ヵ所くらいの割合で家並みの間に小屋掛けされた湧水井戸があります。
この水がとても冷たく清冽で、しかもごくごく普通に飲める正真正銘のキレイな天然水なのです。町内の方が皆、お金を出し合って井戸の周りが汚れたりしないように屋根をつけ、水槽を整備し、輪番で水場の清掃をきちんきちんと行って、この清冽なる湧水が守られているのです。
感動しました。水の旨さはもちろんのこと、当たり前に生活水として使うために皆がルールを守って汚さぬように使っているのですから、とっくに忘れられてしまった公衆道徳というものがここにはしっかりと根付いていることを実感しました。
約1時間歩いてだいたい10ヶ所くらいの水を飲んで歩きました。どれも新鮮でおいしかったです。
d0035104_23244554.jpgこの左の写真の清水は前名寺の清水で最古の清水という説明がありました。鉄管を3本地中に打ち込んであるんですが、そこからとうとうと水が湧き出し、コケの一つもない池を常に満たしているちょっと不思議な感じすらする場所です。
寺の本堂の裏庭にあり、やぶ蚊にさされつつここでもおいしい水を堪能しました。山の水場でもこれほど豊富できれいに保たれているところはあまりないような気がするのですが、どうでしょうか?渇水が死活問題にまでなった今年の夏ですが、立山の大きな自然の懐はこうやって小さな町に最高の自然の恩恵を与えてくれているのでした。凄い町です。改めてゆっくりと行ってみたい町が一つできました。また機会があったら必ず訪れたいと思います。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-31 23:29 | 生活ダイアリー

ライスペーパーの活用法

d0035104_23401329.jpgアジの三枚下ろしにホウレン草をクリームシチューの素で和えたものをサンドイッチにしてフライの衣を付けて揚げました。このような形がまとまりにくいとかフィリングがたくさん入っているとかいうものに綺麗に衣を付けて揚げるためにライスペーパーを使っています。
ライスペーパーは水で裏表を濡らし、固く絞った濡れ布巾の上に置いておきます。そこに塩コショウした三枚下ろしのアジを片身置いてホウレン草のソテー・クリームソース和えを置き、更に上からもう半身のアジ置きます。
ホウレン草サンドイッチ状態になったアジをライスペーパーで端の方の口が開いてしまわないようにくるりと包んでから通常通りに小麦粉→溶き卵→パン粉の順にしてフライの衣を付けます。
ライスペーパーで密封することで汁気の多い具も包むことができるので、極端な話、八宝菜やマーボ豆腐でも春巻きフライの具になるということです。
揚げるとこのライスペーパーはとても柔らかくなってしまうので食べる時の邪魔になることはありません。一度お試しあれ!

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-24 23:49 | ごはん・ランチ

高崎名物・だるま弁当改めロコモコ弁当

d0035104_23112141.jpg8/9の新潟出張の帰りMAXたにがわの車中でたかべんのだるま弁当を購入。前の鶏飯弁当の一件があったのでできれば避けたかったんですが、東京行き新幹線はたかべんから逃れられないのです。鶏飯は前回ハズレだったので舞茸弁当か幕の内かだるま弁当の中の三択で名物といわれて久しいだるま弁当に決定。基本的にはちゃんと食べられるお弁当ではあるんですが、この内容で¥900はどうなの?素朴に疑問が沸いてきたとです。
容器は妙にしっかりしてるし、親切に貯金箱になるようになってますが、実際はほとんどゴミになってしまっているでしょう。横川の釜飯の器の行方も気になってはいるんですが、だるま弁当の器の廃棄率も気になります。もっと安くしてほしいですね、この内容だったら。確かにボリュームとしたらそこそこの満腹感はありますが、それはご飯が多いからであって食べた時の満足感から来るボリュームではありません。

さて、その妙に立派なたかべんのだるまの容器を持ち帰り、8/10の仲間から注文があったお弁当の器に使わせていただきました。見捨ててしまうにはちょっと可哀想だったので。d0035104_23173676.jpg夏だし、暑いし、どうせ暑いなら南の島っぽいランチにしてみようかということでロコモコ風のどんぶりご飯とゴーヤチャンプルで楽しんでもらいました。
もちろんハンバーグは手づくりで、ゴーヤも畑で採れたてのものをたまたま入手したのでパリパリのイイものを使いました。ハンバーグの下にはパルミジャーノと刻みレタス、プチトマトスライスがどっさり乗せてあって、その上にハンバーグと目玉焼きです。チリソース代わりのミートソースは別器で提供しました。
たかべんの容器は結構深さがあってかつ蓋にもふくらみが持たせてあるので、こういうふうに上に盛り上がるおかずにはとても使いやすい容器です。
コインを入れる口のところからハンバーグの脂とかが染み出すかもしれないのはご愛嬌。
もし、横川の釜飯の器を捨てるに捨てられずにきれいに保存していらっしゃったら、ご一報ください。10個くらいまでなら引き取ります。だるま弁当は・・・・・・同様に綺麗に保存してあるものなら5個まで引き取ります。きれいに洗って送ってください。一円も払いませんが、ゴミにするならやもめ庵でリユースします。
ちなみに横川の釜飯の土鍋、一人前のおかゆを作るのにはなかなかイイもんです。まじめにやればちゃんとご飯も炊けます。こないだは自家製豆腐の器にもなりました。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-14 23:28 | ごはん・ランチ

映画で暇つぶし&最強リモコン?!

ヒロシです。独りで映画を見て受けて笑っても誰もおらんとです。
ヒロシです。来るメールはたいがい××で盛り上がってます!になっとるとです。
ヒロシです。気を取り直して残暑見舞いを出そうと思ってプリントしたらインクがなかとです。
ヒロシです・・・・・ヒロシです・・・・・・・

さて、そのような留守番モードのつまらない話は良いとして、しつこかった扁桃腺の痛みもようやく治まり、普通に生活できるようになったものの、すでに今日は14日の夜。休みはあと二日。これから帰っても正味一日の滞在で帰りは世間の帰京ラッシュに巻き込まれるのがオチなので結論的には留守番モードです。
昨日、今日とやることないので「スピード」「クイズショー」「ペイフォアード」「シカゴ」「レイ」と5本をダッシュで観ましたが、「シカゴ」は面白かった。
プロの論評はどうだか知りませんが、少なくとも自分的な評価では映画でしか見せられない映画だと思いました。なんとも生臭いやり取りが多いのをサラリとかわして娯楽として見せてしまうのはすごいもんがあると感心しました。リチャードギアのずるさが何とも表現しがたい化学調味料のようで良かったですな。

「レイ」はまるでそのまま本人が出ているような錯覚を覚えるようでずっと釘付け。音楽はもちろん良かったです。あの曲のバックグラウンドにはこんないざこざ、ドロドロあったんだ、と分かる作品でした。単にメロディとしてしか知らないのが本当のところなので、この歌は何をテーマにという英語の分からない自分にとっての良い勉強材料になりました。

d0035104_2334398.jpgそのテレビ&ビデオ浸けの日々の力強い友がやってきました。
話には聞いていたんだけど、たまたま買い物のついでにちょこっと寄ったコジマでタレントさんが言っていたエアコンとTVとビデオを一台でコントロールできるリモコンの現物を見つけてしまい、即買い。
理由は、エアコンのリモコンが壊れているために温度調節はおろか風量の調節もできない、ビデオはオークションで格安だったのは良いもののリモコンレス、という訳で一台で賄えて¥2980だったら安いもの。
最初のメーカーの設定で少々迷ったものの、一度設定が決まればこれ一台で全部操作できてしまうスグレモノ。多分、前からあったんだと思うんだけど早く見つけて買うんだったと思いました。予定の5本をダッシュで観てしまったので、明日はもう一度ゆっくりと観直しておきたいものを観ることにしようか。生産的なことをなんかやれば良いんだけど、それはイコール仕事になってしまうのであえてやりましぇん。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-14 23:07 | 生活ダイアリー

哀しき一人盆

やってしもうた・・・・・・帰省前の約2週間ばかりなんとなく体調が優れなくて帰省がダメにならなければと懸念していたら、ずばり的中。
夏風邪かと思っていたら、扁桃腺が化膿してるとかいう診断が下ってしまい一昨日ようやく普通の体調に近づいてきたのに、「遠出して疲労するとまたぶり返すからダメ!」と医師からレッドカードをもらって単身赴任初の哀しい一人お盆となってしまいました。
昨日はふてくされ気味で通院した後、レンタルビデオ屋で短期引きこもりのための映画を5本借り、スーパーによって1週間分の野菜なんぞを仕入れて万全の篭城体制が出来上がり。
原因は過労というので「化膿?」と聞き返すと「過労から来た化膿」と何とも言葉遊びのようなやり取りで、抗生物質入りの点滴を一日1本打って、薬が食後に3個ほど忘れないようにするのが最低の日課。
明日からどうしようか・・・・・・病院も休みなので本当に家にいるしか仕方ない。弱った。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-14 02:30 | 生活ダイアリー

100%手作りチキンカレー

d0035104_12274613.jpgこないだの日曜日、暑かったせいかどうしても刺激的なカレー=頭を殴られたくらい辛いヤツを食べたくなってオリジナルのチキンカレーを作りました。
市販のルーを使わないで野菜をたっぷり使うのがコツで自然と酸味も甘みも辛さもあるさっぱりしたカレーができます。
材料はたまねぎ大1個、トマト4個、ナス3本と手羽元を8本、チリパウダー適量、ブイヨン2個、カレー粉15gくらい。これで通常の4人前くらいです。
作り方は、たまねぎはみじん切り、トマトは湯剥きしてザク切り、ナスは皮を完全に剥いて薄い輪切りにします。まず、たまねぎを少し色づく程度まで炒めたら、ナスを加えて半透明になるくらいまでゆっくり炒めます。そこまでできたらトマトのザク切りとチリパウダー、ブイヨンキューブを加えてコトコト1.5時間くらい焦げ付かないように豆火で煮て、約2/3量になるくらいまで詰めます。水はまったく加えません。トマトとナスから出る水で十分な汁気が出ます。
煮ている間にフライパンにサラダ油を引いて手羽元をこんがりと狐色になるくらいにソテーして、鍋に加えて煮込みます。味付けは基本的に塩だけで十分です。
鶏が柔らかくなって野菜が崩れてとろみが出てきたら、カレー粉を少量の水でペースト状に練ってから鍋に加えます。
作り方はこれだけで特別なスパイスは使っていませんが、トマトの酸味と野菜自体の持つ甘みでとてもおいしいカレーになりました。

ご飯でも良いんですが、ちょうど休みで時間もあったので、全粒粉とイーストを使って一次発酵させた種を薄く延ばしてフライパンで焦げ目が付く位に焼いてナンの代わりにしました。歯ごたえも香りも良くておいしい晩御飯になりました。
ただ、けっこうたくさんできたので翌日の昼食までカレーを食べ続けることになりましたが、やはり世の中のならいで翌日のカレーの方がおいしかったです。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-02 12:39 | ごはん・ランチ

イワシのフライに野菜ソース

d0035104_12225898.jpg小型のイワシが大安売り。12匹入って140円だったので、せっせと開いて粉チーズをまぶしてから、普通どおりのフライの衣をつけて揚げました。
サラダを別に作るのが面倒だったので、ミニトマトとたまねぎをフレンチドレッシングで和えてフライの上に乗せて、彩りにカイワレを散らして完成。
魚を開くのは面倒といえば面倒ですが、丸の魚を扱えるととても安上がりです。この日は焼酎もけっこういけちゃいました。


d0035104_12231669.jpg揚げ物をたくさん食べた罪滅ぼし??に豆腐にオクラを叩いて乗せて、最近安く売っているパナメイエビ(一尾だいたい20円くらい)をさっと酒と塩を入れたお湯で茹でて乗せてみました。見た目もそこそこだし、単調になりがちな冷奴もおしゃれになりました。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-02 12:26 | ごはん・ランチ

なぜか魅力的~!砂遊びグッズ

d0035104_037216.jpgこの商品は毎度出張の時に暇つぶしに目を通すJRの通販カタログ。その中で今年目について欲しくなってしまった砂遊びグッズ。
使い方は解説によれば、砂と水を入れてポンプで水を抜くとしっかりした形の砂のブロックやボールができるらしいです。何でこれに惹かれているかというと虚しく崩れ去ってしまう砂の造形をかなりきっちりした形のものにできるのではないか、ということとイグルーのようなドーム型の砂の家ができるのではないか、という淡い期待。
何の役立つと言うものではありませんが、妙に興味をそそられているのです。「これが気になって仕方ないんだよね~。」と家族に話したら、「なんでそんな無駄なモンに興味が湧くわけ???」と冷たくあしらわれましたが、面白そうなんだから仕方ないデス。
深く自分の中の理由を突き詰めてみると、そうなんです分かりました。雪のかまくら作り、はたまた札幌の雪祭りの雪像作りに共通するものがあるのです?!仲間とスキー場に雪遊びに行った時に一日がかりで高さ2mのトトロの雪像を作ったあの時の楽しさが蘇ってくる感じなのです。
これで壁をきっちり積み上げて昼寝場所を作ってみたいな期待もありますし、泳ぐのも去ることながら一日汗して砂遊びに夢中になっていそしむというのもいいなぁと・・・・・・・
某メーカーのビールのコマーシャルで高田のおっちゃんたちがビールを呑むための砂のソファーを作っているあのノリです。だから、男は子どもなのよね、いつまでも・・・・・と呆れられてしまいそうですが、欲しいものナンバーワンです。誰か使ったことがあったら使用感をぜひお知らせください。

人気blogランキング参加中。面白かったらクリック
[PR]
by yamomet | 2005-08-02 00:47 | 生活ダイアリー