<   2006年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

今日のぶっかけ「さくら夢第一期仕入れ分ラスト」

今日のわんこじゃなくて、さぬきうどん。
やっぱ讃岐用の粉はうまい!うどんのイカ刺しみたいのが今日はできました。満足そして満腹。
d0035104_2356945.jpg
気温が上がってきて今日の室内25℃、湿度65%くらいだと生地がすごく柔らかくなってしまい、加水率50%では扱いづらかったです。
うっかりしていましたが、さくら夢2000は47%くらいにしておかないといけなかったのを忘れてました。切りに入ると麺がくっついてしまうので、難儀しました。
[PR]
by yamomet | 2006-05-31 23:58 | さぬきうどん

一足早く「さよならやもめ庵の宴」 鶏ハム美味!

あと三週ほどでお別れする高台の隠れ家やもめ庵に行きつけの焼き鳥屋さんの焼き方の大将Nさんとカウンターで一緒になることが多い常連のKさんが昨晩尋ねてきてくれました。
d0035104_719188.jpg
富山の大吟醸などなど酒匠であるNさんが厳選しておいしいお酒を、Kさんはお薦めのイタリアの葡萄の熟成された舌触りがおいしいイタリアの地ワイン・丹波酒造セレクションの有機栽培ワイン2001年製ピノグリージョを持ってきてくれました。まぁこれは美食の会になるなという予感はあったんですが、こんなに贅沢な会になるとは予想していませんでした。
普段は焼き鳥を焼いているNさんは酒匠の資格を持って、得意の焼酎分野では鹿児島に年に何度も足を運んで自分で買い付けしてくるという兵です。
常連のKさんは外資系企業のプロの経理マン。この二人が普段から鍛えた舌で選んできたものは当たり前でおいし過ぎでした。ワイン1本、大吟醸4合、焼酎1.2升と三人でとことん呑んで目覚めたら布団も掛けずに畳の上で大の字。和助は笠間で高野さんにお土産にいただいたものです。

料理はおいしい酒が来るのに合わせて日本酒に合うような選択を心がけてこんなものを作ってみました。
d0035104_7263488.jpg
左上から時計回りに冷奴にキュウリとトマトをオリーブオイルと岩塩で和えたソース載せ、鶏ハム葱ゼリー載せ、刺身、糸三つ葉と蒲鉾の山葵醤油和え、出汁巻き玉子、カブの海老そぼろあん
d0035104_7285724.jpg
豚バラとタケノコの煮込みに半熟玉子を添えて
d0035104_7292686.jpg
つまみが足りなくなったので自家製鶏ハムに大根とキュウリのサラダを添えて
d0035104_730476.jpg
旅館エスペロのご主人にいただいた40cmクラスの岩魚の自家製燻製。これはもうちびりました。
柔らかい燻製で淡白な岩魚の旨みがぐっと凝縮してもぉ・・・・・絶句。こんな貴重なものをありがとうございました。
d0035104_7321213.jpg
やっぱりやもめ庵ですから、〆はさくら夢2000を手打ちにしてひやひやと生醤油でいただきました。ただ硬いだけではない手打ちのさぬきうどんに感激していただきました。

高台のこの場所で縁側から夜景を眺めながら酒を呑む機会ももうあと数回限り。
ここに引越して来てから、手作り料理にかなりヒートアップしてきただけに寂しいなぁという気持ちで一杯です。だけど建物が「わしゃもう限界」と言っているので仕方ないですね。
まだ元気な姿のうちにお別れする方が良いと庵が言っているようです。

それはそうと今日はこの状態で仕事になるのか不安ですが、シャワーを浴びて行ってきます。
[PR]
by yamomet | 2006-05-31 07:36 | ごはん・ランチ

横浜駅の中華バイキングは中華街じゃないけどGood!

d0035104_1223123.jpg最近のねたじゃないですが、横浜駅から歩いて5分ばかりのところに金斗雲(横浜市西区南幸2-9-1 ニッセイビル2F)という中華料理店がありまして、ここのバイキングは安価ながら中身がしっかりしていてお奨めしたいお店です。
一番のお気に入りだった牛肉旨煮飯&焼きそばがバイキングメニューから姿を消したのはとても残念なんですが、他の点心類が価格とは見合わない高品質です。左の写真が安くても柔らかくてこってりした味が絶品だった牛肉旨煮飯。帰ってこ~い!牛肉はぁ~ん!


オーダーバイキングなのですが、最初にある指定の品を食べないとフリーオーダーできないというケチなことはありません。
時間で区切られていて60分、90分、120分となっていて、それぞれオーダーストップは終了30分前。

コースの時間によって選べる品目が徐々に増えていくようになっていますが、60分のランチコースでも30種類以上点心からご飯ものまで選べますから、やたらと時間が長くてもそんなに食べきれないのではと思います。
まぁ何人も集まって会食するのであれば、120分でも良いかもしれませんが、お気楽ランチタイムなら60分で十分。ちなみに休みの日にもバイキングランチの取扱いがあります。

お値段は僕が行った時(約半年前)はまだ60分コースで980円でした。一人8品くらいずつ頼んでビールを飲んで1500円くらいだったので大満足で帰りました。食べ盛りの子どもを連れて行くのなら我が家はこういうところじゃないとダメです。(笑)

d0035104_1223479.jpg海鮮シュウマイと海老蒸し餃子

d0035104_1224165.jpg下)ハチノスと大根の煮込み 上左)ショウロンポウ 上右)挽肉の湯葉巻き蒸し

d0035104_12254086.jpg左)焼き餃子 右)もちもち揚げ餃子(白玉粉の皮に甘辛い挽肉を包んでからりと揚げたもの)


オーダーの仕方が変わっていて、メニューを書いたチラシが一枚テーブルに置かれて、注文する品目の名前の先頭のところに1回目のオーダーは○、二回目は△、3回目は□というように書き分けて行くとホールスタッフが品物を持ってきてくれます。
複数の皿数が要る時には皿数を空白に書き入れておけばOKです。中国人スタッフが多いので間違いがないようにそうしているようです。

中華街のバイキングでそれなりに払ったつもりなのにハズレを引いてガックリとしておられる方がいらっしゃったら、こちらを一度お試しされることをお奨めいたします。横浜駅を相鉄方向に歩いて、帷子川を渡った先です。

今日は仕事が終わってから、いつも行く焼き鳥屋さんの常連さんと焼き方のお兄さんが家に遊びに来るので平日ではありますが、軽く呑んで料理と酒を楽しみます。明日の仕出し記事をお楽しみに!
[PR]
by yamomet | 2006-05-30 12:32 | ごはん・ランチ

光子さんの個展を尋ねて行きました。

d0035104_12345497.jpgいつもお茶目なコメントで楽しませてくれるkadoorie-aveことイラストレーターの光子さんが表参道で個展を開かれていました。先日、個展にお邪魔して光子さんとご対面してきました。

たまたま交通の都合でJR原宿で降りたので、けっこう歩いてようやくたどり着いたところで、僕を出迎えてくれたのは子どものようなきれいな目をした光子さんでした。
「ご~めんなさ~い、もぐもぐしてて。たまさんでしょ?すぐ分かりましたぁ、あはははは!」

制作過程を見ていたシノワさん人形もレイコさんのところに掲載してあった案内状のはがきのイラストも現物が目の前にあるのは不思議なようなくすぐったいような感覚。

d0035104_12355541.jpg芳名帳も光子さんワールドが展開。香港を訪れたことはないけれど、中国の文化とヨーロッパの文化が入り混じったエキゾチックな感じが溢れていて、一度行ってみたい気持ちになりました。
というのも香港のどういうところが面白いか、という光子さんの語りが愉快で愉快で時間が経つのを忘れてしまいました。
旅先で困ることはないの?なんていう普通の質問をすると光子さんの奥義は「主張を持ってニッコリ笑う。」に尽きるようです。

「極めて純粋そうで何かを捜し求めている目をしてニッコリ笑うけど、ただのおバカさんではないぞという主張を態度で表すと大概のことはなんとかなった。」というのが可笑しかったのです。

ちょうど長崎出身のお友達がいらっしゃっていて、光子さんを挟んでいろいろと香港の話をしていたのですが、見知らぬ者同士のはずのその場がどんどんゆるゆると和んでいくその力は彼女がオーラを出しているとしか思えなかったですね。

d0035104_12424123.jpgシノワさんのイラストの入ったTシャツ。質感も上等でイイ感じだねぇと思って見ていたら、タグのところに何やらちょっとレトロチックなモノがペタンと貼り付けてあるのです。
ズームインして見てみると・・・・・・・

これだ!

中国の薬品や調味料によくあるパッケージデザインのもじりだそうです。「どぉして、この人の顔をラベルにするのかしら~!?」というくらい可笑しな感じの写真が貼られていたりする中国製品の雰囲気が好きで光子さんがオリジナルで作ったものなのだそうです。
このペッタリと撫で付けた髪に口ひげが何とも大正頃の時代を感じさせるようなこの雰囲気を創り出せるところは香港が好きで仕方なくて現地を何度も訪れている人だけにできることですね。
僕はこのシールがシートで欲しかった・・・・・・

そんなことをしているうちに一時間半くらいもおしゃべりしていて、他のお客さまもいらっしゃったので表参道をあとにしました。心和む楽しい時間をおしゃれな街で楽しんできました。
[PR]
by yamomet | 2006-05-29 12:51 | 生活ダイアリー

呑むと食べたくなるジャンクフード

d0035104_15381315.jpg土日は平常よりも安くなり、490エンになるこのジャンクメニュー「どん亭スペシャル」
つまりはカツカレーと牛丼を一緒に盛り合わせたもの。
お世辞にも上品な料理ではないけれど、この破壊的なボリュームと揚げたてのカツが値段の割にけっこうおいしく食べられたりするので、土日に呑んで帰る時になぜか締めに食べたくなるイケナイ食い物。こんなもん食っとるから内臓肥満するんぢゃ。

ところでこのえげつないくらいのボリュームのメニューでお店のメニュー全体がキワモノ系かというと実は丼モノ以外に定食のメニューがあってけっこう良心的なのですよ。
名古屋のマウンテンなんかよりは百倍普通。

唐揚げ定食が450円だったと思うんですが、子どものこぶし大の唐揚げが4つと生野菜がてんこ盛り、丼飯、味噌汁だから、かなりリーズナブル。唐揚げは当然揚げたてなのでおいしくいただけるわけです。
酔っていなけりゃそっちを普通に食べたいな、と思う今日この頃でした。
[PR]
by yamomet | 2006-05-28 15:43 | ごはん・ランチ

引越し見積りの日・群馬の地粉を使ったうどん

慣れ親しんだやもめ庵も老朽化が進んでかなり厳しい状態になってきたので、意を決して引っ越すことにしました。
今度、移り住むところは職場にも近く電車、バスなどを使わないで通勤できるところなので、ちょっとホッとしています。

引越し先のマンション(一応、そう呼ぶらしいけどアパートみたいなもの)は一階が蕎麦屋。
二階ではさぬきうどんを打っていて、下では蕎麦を売っているという駄洒落のようなロケーションに惚れて、契約と相成りました。

今日は午後から引越し屋さん3箇所の見積りで人が尋ねてくるので、部屋を掃除して待機中です。既に一件は見積りが終わりましたが、まぁそれなりにかかるもんです。
移動距離は2キロもないのですが、なんだかんだで6万くらい。ん~車を借りて自前でやった方が安いのかどうか微妙なところ。

でも、とてもありがたいのが同僚たちが引越しのことを知ると、口々に「うちに車あるからたまさんの都合のいい時に言ってくれれば、小さい荷物は運んであげるよ。」と何人も言ってくれるのです。こんな嬉しいことはありませんね。
ただ荷物の量がけっこうあるのと、重量のある中型の冷蔵庫なんかがあるので、結局はトラックをどこかで手配しないといけないので気持ちだけありがたくいただいて、実際にはプロに頼まざるをえないでしょう。

d0035104_1593170.jpgそんな自宅待機中のお昼ご飯は「OKANの素」のOKANと我楽多工房分室のKyoeさんとのオフ会の時にOKANから貰ったお土産の群馬の地粉を使ったうどん。
粉は外皮に近いところまで挽いてあるためか蕎麦粉のような感じの色合い。

d0035104_15103558.jpg
茹で上げると薄茶色がかった麺になり、もっちりとしたやや弾力に欠ける歯触りのうどん。
冷やして生醤油で味見してみると、けっこうどっしりした感じで腹持ちが良さそうなうどんです。今日はこのところの野菜不足を補うべく、根菜類がどっさりと入ったしっぽく風の具沢山の汁を作ってうどんよりもむしろ沢山の野菜を食べました。
このところ、飲んで不摂生が多いので、少し身体をリセットしないとね。

d0035104_15133829.jpg

[PR]
by yamomet | 2006-05-28 15:18 | さぬきうどん

「丼 はみ出す」検索結果

丼からはみ出すってことでワクワクするのはこんな感じかな?

「丼 はみ出す」というキーワードでぐぐってみたら、こんなページを発見。
正真正銘デカイ海老天が丼からはみ出しているのでした。

ちなみにこのキーワード検索で1件目に表示されるのは、当のNREちゃぶ膳の「馬場丼」。
そりゃますます何とかせんといかんのじゃないか?
[PR]
by yamomet | 2006-05-28 14:27 | ごはん・ランチ

ばばど~ん!

d0035104_83048.jpg昨日、高田馬場で打ち合わせがあったので昼食を高田馬場駅でとることにしました。
実は出張の行き帰りにいつも読んでいるトランヴェールというJR東日本発行の雑誌があるんですが、その中で高田馬場駅がリニューアルされて「ちゃぶ膳」というお店ができて売り出し中というのです。

ちゃぶ膳の売りは麺類と丼モノのラインナップの豊富さ。中でもちゃぶ膳高田馬場店の限定メニュー「馬場丼」は評判だというわけです。
学生さんたちの腹ペコにもばっちりオッケーというボリュームだというので、もうこの辺りで興味津々。値段も530円と普通なので機会があればぜひと思っていたわけです。
時間はお昼のちょっと前だったので店内はガラガラ。

来たよ来たよ!
[PR]
by yamomet | 2006-05-27 08:40 | ごはん・ランチ

ひとまず峠越え

深度800mから、毎分20mの速度で浮上開始。
バラストブロー!アップトリム10度!
魚雷圧壊深度300を超えた時に攻撃が予想される。
MK-Ⅱ通常魚雷装填、1番から4番発射準備急げ!

というわけで昨日、妖怪時間にも仕事をしたお陰で今日は早めに帰れました。
寝不足なので一杯呑んで寝ます。

田園都市線で都内に向かっていて寝過ごして乗り越し。
帰りも同様。寝不足とはもっとも仕事の効率が落ちる習慣。
[PR]
by yamomet | 2006-05-26 19:07 | 世の中の雑事

撃沈

今週と来週、スケジュールと山積した仕事を何とかせにゃならん。

撃沈・・・・・・・

潜舵角30度、急速潜航よーし!
15分で深度800、深々度に達せよ!
[PR]
by yamomet | 2006-05-25 19:18 | 世の中の雑事